fc2ブログ

Entries

『毛抜』『水沢』旅だより

今秋は故郷で…
『毛抜』で腰元、
『水沢の一夜』で長英の娘、能恵を勤めています、
上沢美咲です。

長野県小諸市にやって参りました。
「小諸で歌舞伎をみる会」主催公演6回目。
いつも手作り感満載で迎えていただきます。
今回も、
朝の搬入のお手伝いから、
温かい豚汁とおにぎりなどのお心遣い、
搬出まで、感謝いたします。
小諸は懐古園、島崎藤村などで知られる由緒ある土地柄。
私の実家・上田市とはお隣同士なので、
親戚、友人、恩師、知り合いが沢山観に来てくれました。
11月20日に上田グローリア合唱団の“つつじの乙女”老婆の語りをしたばかりなので、
今秋は故郷に縁のある仕事が多く、
何か導かれている感じがします。
グローリアでは中学時代の恩師と共演する事が出来、
この上ない幸せでした。
合唱団の方たちもこの小諸公演を観劇して下さいましたよ。
そして“前進座友の会”としていつも応援してくださる
東京上田会小諸会の皆様も大いに協力して下さいました。
ありがとうございました。

芝居は一方通行では成り立ちません。
「小諸で歌舞伎をみる会」の皆様の、
一年間におよぶ準備のご苦労はいかばかりであったかと、
頭が下がる思いです。
沢山の方々に声を掛け、
沢山の絆を積み重ねて客席作りをしてくださった事は、
我々が稽古を積み重ねるのと同じく、
芝居創りに欠かせない作業です。
お陰様で、小諸の会場はあふれんばかり満席でした。
芝居の総仕上げをして下さるのは観客なんだなぁと改めて感じた次第です。

長野県は名前の通り長~いので、地域が別れています。
小諸や上田は東信地方。
東信らしい景色を皆様にご紹介したかったのですが、
ちょっと私の失敗で写真が間に合いませんでした。
後日、番外編などでご紹介したいと思います。
とりあえず歌舞伎十八番『毛抜』腰元姿でごあいさつ。
腰元姿で…
さて年内の公演は残すところ仙台と須賀川のみ。
困難な時だからこそ、
生の芝居にしか出来ない使命があると信じて、
前進あるのみです。

上沢美咲 記

追記を表示

※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

皆様こんにちは!
高橋佑一郎です♪
桜町中将清房でおじゃる
只今公演班は広島でーす。
広島入りしたのは夜。
平和大通りがライトアップされキレイ~(≧∇≦)
幻想的ですね~
もちろん牡蠣や広島焼きもいだきました~(o^∀^o)

『夢千代日記』公演が終わって、広島入りしたのが9月下旬。
広島公演実行委員会の席に参加しました。
前進座の80年の歴史や今公演の見所などを話させて頂きました。
まだ蝉の声もチラホラしてたのに…。

あっという間に12月7日!
幕が開いたアルソックホールの客席は、ほぼ満席!
実行委員会の皆様のおかげで素敵な広島公演になりました♪

前進座広島パルはじめ、
市民劇場、
過去の公演でお世話になったお寺さんや団体の皆様、
多くの力が一つになった公演に、
感激です(^O^)

過去10回以上公演や事前の学習会等で訪れ、
市民劇場で賞を頂いたり、
出演してる『夢千代日記』の舞台と、
佑一郎にとって深い御縁のある広島。

また広島の皆様と劇場で素敵な出会いがしたいです(*^o^*)

高橋佑一郎 記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

番外編 移動日です
今回の巡演が始まってからと云うもの、現地入りの移動日には極端に気温の変化があるようです。

12月6日は冷え込んだ寒い東京から新幹線で約5時間、
やって参りましたのは広島県。
ありがたいことにあんまり寒くないです。

駅から宿までタクシーでの移動。
もう少しすれば到着、と云う処で、
イルミネーション!
汽車のイルミ
あともう少しすればクリスマス。
クリスマスツリー
ああ、もうそんな季節なんだ。
色々有り過ぎた今年も、否応なく終わりに近づいている。

かつて原爆を落とされたこの街が、
震災復興応援のイルミネーションをするまでになっている。

忘れたい記憶と忘れてはならない記録。

どんな場所に限らず、
被災地、と云われる処の方たちには共通するだろう事。
現地の当事者でも無い人間が何を、と叱られそうですが、
復興。
いつかきっと。
必ず。
そんな気持ちになりました。

出来ることをしよう。
本日は二回公演。
頑張ろう。

石田聡 記
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

皆様こんにちは
新村宗二郎です!

今回私は、『毛抜』では八剱玄蕃の息子・数馬と裃後見を、
『水沢の一夜』では若侍の山下を演じさせていただいております。

今更ではございますが、
どちらの芝居も本当に素晴らしい作品で、それぞれの良さがあり、
この『毛抜』『水沢の一夜』の組み合わせは、
観ていただければ必ず満足していただける内容だと思います!

この組み合わせは来年の3月まで全国巡演がございます。
(2月の大阪国立文楽劇場公演は『毛抜』『唐茄子屋』の組み合わせ。こちらも乞うご期待!)
3月8日(木)には私の出身地・熊本での公演もあるので、そちらも今から楽しみです!

私個人としてはまだまだ課題も多く気の抜けない状態ではございますが、
余計な力が入らぬ様、
肩の力を抜いて舞台を勤められればと思う所存であります!

寒くなったり暖かくなったりと、寒暖の差が激しい日が続きますが、
皆様方におかれましても体調管理に留意されまして、
何卒御自愛戴きます様お願い申し上げます。

それでは!

新村宗二郎:記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

新潟、新潟じゃぞ!
11月21日にスタートした『毛抜』『水沢の一夜』公演も、
秋田、喜多方、会津、盛岡、鶴岡と順演を重ね、
12月2日は新潟県民会館での2回公演でした。

新潟で実行委員会の中心になって下さったのは、医療生協の皆さん。
開演前の劇団員との、顔合わせ会には、白のジャ-ジ姿の女性職員が約40名。
「うわ-!こんなに大勢」と、まず、その活気に圧倒されました。

新潟県民会館はキャパ1,730名の大きな会場なのですが、
昼夜2回公演とも一階席はほぼビッシリのお客様で、
反応も上々。
やはり大勢のお客様は、間違いなく我々出演者の気持ちを高揚させてくれます。

朝7時過ぎの電車で鶴岡から移動、
9時から搬入、
午後2時と6時30分の2回公演、
終演後の搬出。
ハードな一日でしたが、疲れも吹き飛ぶ新潟公演でした。
小野春道 自分でパチリ

辰三郎:記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

思い出だけが通り過ぎて行く
車窓から
トンネルを抜けると、奇岩の行列。
新潟から鶴岡までは、羽越本線で海沿いの二時間。小・松島の様な景色が続く。

『水沢の一夜』は、私の初舞台の狂言。
幕開き第一声、「菊~」と一粒種の名を呼びながら登場するお百姓が、舞台の立ち始め。

『毛抜』は、前進座に入って初めて就いた歌舞伎作品。
圭史・秦民部と竜之介・八剣玄蕃の箱合引を出し入れする黒後見だった。
箱合引というのは、その名の通り黒い箱の様なもので、正座する時に尻にあてがう。
黒後見は、黒衣(くろご)を着て出て来る忍者の様なアレなのだが、その動き方すら分からなかった。
最初の稽古に擂り足で出て怒られた。

その時、玄蕃を演じていた竜之介先輩の隣で民部を勤めているのだから、不思議なもの。

80周年記念『毛抜』『水沢の一夜』の二本建ては、来年3月末まで60ステージほど続く長丁場。

年内は東北、長野と広島、
来年は『水沢 』を『唐茄子屋』に替えて大阪・文楽劇場の後、
名古屋・中日劇場から『水沢』『毛抜』で、中国、四国、九州、北陸に伺います。

それからそれへ、想いが廻るうちに列車は鶴岡駅。

“『雪の降る町を』発想の地”での二回公演。
『水沢―』の舞台では紙雪が降るけれど、街もあしたは雪景色の予報。

     喜八郎☆記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

番外編 お祝いですよ

石田 聡でございます。
昨日盛岡より帰って参りました。

楽屋にて
いきなりお祭りみたいですけども。

本日はいつもお世話になっている全商連さん、
「全国商工団体連合会」さんの創立60周年記念パーティーです。
ステージ

ステージ②
ご祝儀で演らせていただきましたのは、“大江戸東京音頭”。
劇団から嵐圭史がご挨拶申し上げました。

出し物の後でご挨拶に会場を歩けば、
逆に皆様から励ましのお声を掛けて下さいました。
本当にいつもありがとうございます!
そして、60周年、誠におめでとうございます!

石田聡 記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

皆さま、こんにちは!!
生島喜五郎です。

昨日、盛岡公演を無事終えました。
昨日の公演は、今コース初の2ステージ、
すごくドキドキしました。

盛岡は、朝から雪が吹雪いていましたが、
搬入も無事うまくいき、
お芝居も2ステ―ジとも、とても盛り上がりました。
あと、15ステージ、
気を引き締めて頑張ります!!
秀太郎、です!
生島喜五郎 記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

盛岡公演にて
本日の主催者様は、いわて生協“文化鑑賞会クオレ”の皆様。
本来であれば、宮古の地でも公演を予定しておられたところが、
あの3・11の大震災によって大打撃を受け、
盛岡での公演のみとなりました。

少なからず被災されながらも、
大変な中、公演を実現して下さった皆様に心から感謝。
ありがたいと同時に、改めてやり場のない気持ちになります。
総ての被災地が一日も早く復興されることを祈って止みません。

いわて生協様宛に、
国立劇場公演の折にお客様からお預かりした、義援金の目録をお渡ししました。
義援金の目録を…

石田聡 記
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

番外編 移動日ですよ
石田 聡でございます。

秋田、喜多方、会津若松と終了致しまして、本日は盛岡への移動日です。
出発時はやや雨模様、
途中からすっきりと晴れて程よく行楽日和。

雨あがり、といえば虹ですが、
そう滅多にはみえないもの。
そこで。

じゃん。
大きな虹

             わかります?
石田聡 記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

会津若松編
みなさん、こんにちは。
平澤愛です。
東北の巡演がはじまりました!
今は会津若松におります。

今回、私は
なんと・・・
歌舞伎十八番でお馴染みの『毛抜』に出演しております!!
平澤で~す
女優が歌舞伎に出演するなんて、我が劇団ならでは!!
なかなかない経験です。
女優のお姉さま達と、お姫様の後ろに並ぶ腰元と扮しております。
化粧前を後ろから…
まだまだ化粧だの衣裳だのカツラなどと・・・ままならぬ状態ですが、
三人のお姉さまの見よう見まねでなんとか乗りきってます。

この『毛抜』が終わると20分休憩。
ところが・・・
皆様は休憩ですが、
私たちはここが一番の戦場になります!!
実は次のお芝居『水沢の一夜』では、
今回参加している女優全員が、幕開きすぐの出番なのです!!
つまりつまり、
この20分の間に衣裳を脱ぎ、
歌舞伎のメイクを落とし、
水沢のメイクをし、
衣裳を着なければならないのです!!
お姉さま達と力を合わせバッタバタで毎回挑んでおります。
これも新人の私には修行でございます、、、。
『水沢の一夜』ではお百姓さんの女房・おかねさんで出演しています。
おかねさん
旦那様の松蔵さんとかわいい娘きくを迎えにやって来ます。
実際のわたくしは子どももいなけりゃ結婚もしていませんが。

そんなこんなで今回も奮闘しております。
どうぞ応援してください!!

平澤愛 記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

こんにちは、藤井偉策です
僕は今、歌舞伎十八番『毛抜』と、
高野長英を題材とした芝居『水沢の一夜』の二本立てで、
東北地方を巡演しています。
そして今、福島県喜多方市に居ます。
福島の公演で感じたことは、やはり皆様の温かさと力強さです。
舞台に居る僕達のほうが元気をもらう事ができました。
そして搬入、搬出でも積極的に手伝って頂きました、
有り難うございます。

藤井偉策 記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

初日でございます。
石田 聡でございます。

まずは搬入前の車中よりお届けしています。
寒いっ!!
昨日の今日で温度差は15度ちょっとです。
幸いなことに雪は降りませんでした。
その代わり更に寒い様ですが。

いざ、搬入。
そして時間は過ぎましてランチタイム。
粉雪が降ったり止んだりしています。

・・・すんごい寒いです。
隣のレストランに行くのも挫けそうです。
うう、前の晩に食べるもの買っとけば良かった。
ところどころ雲は隙間があるんですけども。
寒~い道

そして、初日の集いです。
初日の集い
東北で巡演する事の意義を確認し合った集いでした。

若手変身中
白く塗ってます…
残念ながらこのあとは大忙しで写真が撮れないんですネー。

そして、そして、本日は終演後に搬出、
超!寒かったですよ。
その後、会津若松迄バス移動にござります。
というか、まさに今移動中です(本日は時間に沿って書いてます)。
何時に着くかな~?
バスの中…
というわけ(?)で休憩所です。
出発してから凡そ2時間の処、岩手県は前沢のサービスエリアです。
現在午後9時11分。
積ってますねー。
まるで真冬の光景…

・・・ところが。
午後11:24、福島松川まで来ると そうでもなく。
但し、気温は1°c。
さむさむ。
バスから降りて休憩
秋田から福島まで来ると大分変ります。
5時間半の行程はこんなにも大きいんですね。
例えば季節風の頃には台風と一緒に移動、みたいな事もままあるので、
長距離移動は季節や天気が目まぐるしく変化します。
目的地までは、あと1時間からかかる様で。

てなことで。
はい、着きました。
11月22日0時33分到着
盛りだくさんでお腹いっぱいの、 初日(!!)でした~。

石田聡 記
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』旅だより

番外編 旅立ちなんですけども。
石田 聡でございます。

・・・いや~・・・

暑いですね! (え?
東京都の大動脈たる中央線では冷房が入ってました。 (えええ?
異常気象が続くこの頃ですが、
皆様、本当に如何お過ごしでしょうか。

これから赴く東北地方は雪になるそうで。
ところが東京の道行く人はめちゃくちゃ薄着で。
どう云う温度差なんでしょう(-_-;)
おかげでこちらから厚着をして行くと、現地で汗が凍りそうですよ!
風邪ひかないように気をつけなくては。

それではみなさん、行って参ります!
汗だくで出発!

羽田空港にて 石田聡 記
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』だより

本日、舞台稽古でした。
石田 聡でございます。

只今、この原稿は会館からの帰り道、電車の中よりお届けしています。
タイトルどおり、本日は『毛抜/水沢の一夜』班の舞台稽古でした。

方や十八番物の大時代、
方やリアルな冬の拵え。
どちらにしても身につける物がいっぱい。
そして割合短いお芝居なので、
却って結構忙しいのです。

こんな顔(私です)や、
石田で~す
こんな顔(左から新村君、藤井君)
新村で~す&藤井で~す
をするので、
準備も、いつものお芝居より40分位早く始めます。
そして、
「はい、出番です、出番です。」
慌しくも落ち着いて。

・・・とかなんとか言いながら、
何だかんだで初めての本扮装。
いろいろと失敗も有りました(私が)。
舞台稽古で本当に良かった。
あり得るミスの確認が、出来ると出来ないでは安心感がちがいます。
初日は絶対クリアしなくては。

その初日迄、あと、2日。

石田聡 記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『毛抜』『水沢』だより

『毛抜』『水沢の一夜』初日まであと3日
みなさん、こんにちは。
石田 聡でございます。
いよいよ、『毛抜/水沢の一夜』班の初日が迫ってまいりました。
今回は、舞台稽古を行いますホール楽屋より、お届けします。


これは『毛抜』、大道具を飾っての居所当たり。
御簾が上がって行くところです。
御簾が上がると……
そして中には…
…お稽古中の姿です…
着付けも含めて稽古中の【錦の前】初挑戦の上滝君と、
腰元役の女優さんたち(左から浜名さん、平澤さん、江林さん、上沢さん)。
やっぱり十八番物は華やかですね。


そして、『水沢の一夜』。
舞台の転換稽古
舞台の転換中です。
幕末・動乱期の冬の東北を舞台にした、志と家族の物語。
因みにワタクシは若侍(!)【佐久間】をやらせていただいています。


何から何まで大変尽くしの昨今、
愉しむ、と云うことまで大変になってはいないでしょうか。
『毛抜』の馬鹿馬鹿しいほどの大らかさや『水沢』の“絆”、
笑ったり共感していただける“元気”をお届け出来るよう、
今日も一同、稽古に励んで参ります。

さあ、明日は舞台稽古。
初日まであと、3日。


石田聡 記
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター