Entries

五月国立劇場公演だより

「十八番漬け」

まつなみ


 お陰さまで30回目の国立大劇場公演は、無事、本日千穐樂。

そして、劇団は81回目の誕生日を迎えます。


“く”に“く”を重ねて81年、将棋盤の枡目と同じ数。

先輩たちも常に「今が一番 大変」と言っていたものですが、

今も一番大変です。


どんなに大変な時でも、座り込んだりせず元気に進み続けて来たからの81年。

独立劇団が80年以上続いた前例はないのですから、一歩一歩が未知の世界です。


 さて、私は初役で白雲坊を勤めさせて頂きました。

昨秋からこの三月には80周年記念全国巡演『毛抜』秦民部でしたので、

歌舞伎十八番漬け。その序で、と云う訳ではないのですが、

前進座劇場では最終となる八月納涼会で、

“リレー勧進帳”を、準備しています。


若手全員が、弁慶、富樫、義経、その他の役々をリレーして

『勧進帳』一曲をご覧頂こうと云う無謀な
大胆な
画期的な試みです。


 来年一月まで前進座劇場に残された日々、

様々な企画が噴出しています。

この一年が100周年への第一歩、

80周年以上に忙しい一年になりそうです。


 国立劇場にお運び頂いた皆さま、有難うございました。

前進座は、今日が新しい一年の始まり。また次の一歩に向かいます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


 喜八郎☆記

※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立劇場公演だより

「三年連続の宴会」

柳生

「そうもいえない身のつらさ…」
私は『芝浜の革財布』では、
熊五郎の長屋のどんちゃん騒ぎに呼ばれる落語家の役です。
実は私はこのところ毎年同じ役で、
いやいや、同じような役で、国立劇場の舞台を勤めております。
一昨年の『切られお富』では赤間家の宴会に呼ばれる咄家頓馬、
昨年の『秋葉権現』では牙のお才の料亭に呼ばれる太鼓持ちの儀八、
そして今年と、なんと三年連続の宴会でのお勤めです。

私は普段でもお酒の席は大好きです。
舞台が終わって、気のおけない仲間と酒を酌み交わし、
本音を語り合う…時には修羅場になることもありますが、
その心地良さは何ともいえません。
今回の『芝浜』の熊五郎の長屋には
その"心地良さ"があふれています。
時々芝居をしているのを忘れるくらい
舞台の上でくつろいでしまいます。

その楽しさは舞台を見つめてくださっている客席からも伝わってきます。

人間の温かさと優しさをしみじみと味わえる『芝浜』が私は大好きです。

とはいえ来年こそは、
咄家以外の太鼓持ちでない役もやって見たいと思いますが、
そうもいえない身のつらさ…

 
記・柳生 啓介 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立劇場公演だより


「女形の特殊(?)メイク」

こんにちは上滝啓太郎です。
今回の5月国立劇場公演では女形で出演しております。
お正月の南座公演に引き続き大工の金工の女房お六役です。

写真1


ざっくり言うと長屋のおばちゃん役です。
既婚女性の役なのでにっこり笑うとこの通り

写真


お歯黒をしております。
理由は諸説ありますが、
当時は真っ黒い歯が美しいとされていたようです。
白い歯が美しいというのは現代の美意識なんですって。
あと、お歯黒と合わせて引き眉も行っています。
つまり眉毛を剃ってしまうわけですね。
これもやはり当時の美意識で老いを隠すといった意味合いがあるそうです。

長屋のおばちゃんといえど美の追求は怠らないのですよ!


上滝啓太郎=記
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立劇場公演だより

こんにちは。国立劇場出演中の渡会元之です。

毎年この季節は劇場までの道で汗ばむのですが、
今年は涼しいようですね。
さて公演期間3分の1が過ぎたトコロですが、
今日14日は休演日でした。
珍しいこと。
今まで国立劇場公演中に休演日なんてあったかしら?
明日からの公演、力一杯勤められるように今日はしっかり骨休めです。

私は『鳴神』では所化NO4、
『芝浜の革財布』には長屋の浪人で出演しております。
客席の笑い声がボクたちの力です。

さぁ、明日からは22日までノンストップです。
国立劇場でお待ちしております!

記・渡会元之 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立劇場公演だより

「国立劇場の初日が明きました!!
中嶋宏幸です。」


写真中嶋

前進座では度々上演されて来た
『鳴神』と『芝浜の革財布』ですが、
私実はどちらもお初なのです。

『鳴神』は、後見としては、さんざんやってきたのですが、
所化で出るのは初めてでして、
何だか同じお芝居なのにとても新鮮です!
所化の衣装で「お師匠さま〜」と
荒事の立ち回りで舞台を走り回るのはなかなか楽しいものですし、
お客様も拍手してくださるのでやり甲斐があります。
『芝浜』では、貧乏長屋の宴会の場面で大工の金公で出ております。
毎日、気持ちよく酔っ払いながら、
最終的には踊ったりしてます。踊らされてるのか…。
ま、いずれにしてもとても楽しく飲ませていただいております。
この場面が賑やかな程後が締まりますからね!!
22日まで頑張りますので、
是非一人でも多くの皆様に楽しんで頂きたいと願っております!!!

お待ちしております〜。


記・中嶋宏幸 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立劇場公演だより

「石田聡でございます」

五月八日は劇団荷だし、
国立劇場乗り込み日でございました。
朝からよく晴れて作業日和です。

さて今回の私の配役は、

鳴神 所化

芝浜 願人坊主

かたや高僧の弟子その五、
かたや大道芸人。
同じ坊主でも大違いです。
かつらもこんなに違います
写真

写真1


綺麗な方が所化、
黒い方が願人坊主真ん中がワタクシです。
どちらのお役も、
初旅と初南座からやっている役。
とても思い入れがあります。

二度め三度目ともなれば、
深める為の挑戦。
心して掛かりたいものです。

前進座の極付作品!
是非国立劇場まで、お運び下さいます様、
お願い申し上げます。


記・石田聡
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立劇場公演たより

「皆さまこんにちは竹下雅臣です」

お花

国立劇場の初日が迫ってまいりました。 
今回は『鳴神』と『芝浜の革財布』の歌舞伎二本立てです。
私はどちらの作品も初参加ですので、
毎日緊張しながら稽古に励んでいます。
実は前進座の『鳴神』は、
高校時代に会員だった長崎市民劇場の例会で観た作品です。
この歌舞伎で俳優道を志した切っ掛けになったと言っても過言ではありません。
そんな思い出深い作品に最後の立廻りで"所化”で出演します。
観る側から、演じる側になった幸せを感じつつ舞台に立ちたいと思います。
そして『芝浜の革財布』では"お花”という娘役で出演します。
芝浜で唯一出てくる若い娘役です。
若手の女形が精一杯頑張りますので
皆さま是非とも楽しみにしていて下さい。
初日までラストスパートの稽古頑張ります!!

記・竹下雅臣 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立劇場公演だより

「皆さんこんにちは、藤井偉策です」

人足

今年も5月国立劇場公演が迫って参りました。
今年の演目は『鳴神』『芝浜の革財布』です。
只今稽古の真っ最中です。
白熱した稽古で、面白く、
熱気のある芝居に仕上がってきています。

僕は『鳴神』では所化、
『芝浜』では酔っ払いの人足をさせて頂きます。
今年もいい芝居にしようと出演者一同頑張って、
皆様に楽しんで頂きたいと思っていますので、
今年も是非とも国立劇場へお越し下さいませ。

記・藤井偉策 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立劇場公演だより

おかみさん役

河清のおきん

国立劇場公演の稽古も稽古場から劇場に移り大詰めに近づいています。
私は『鳴神』の所化と
『芝浜』では河清のおきんというおかみさんの役で出演します。
“河清”はちょっとした役なんですが、
いつかこういう役が出来るようになれば良いなあ、
と思っていた役。
ですが、
ちょっとまだ早かったようで… 
でもまあいつかはこういう役が
すっとはまるような女方になれればと思います。
兎に角皆様、
初日に向けて、
更なる未来に向けて、
色々皆頑張っています。
是非大勢様お誘い合わせで国立劇場にお越し下さい。

記・亀井栄克 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立劇場公演だより

「お稽古真っ最中」

鳴神

皆様こんにちは!
ゴールデンウィークですね。
いかがお過ごしですか?
私たちは、五月国立劇場公演のお稽古の真っ最中です!
今回の国立劇場公演は30回目の記念の公演。
みんな一段と稽古に気合が入っています。

芝浜の革財布

若手を中心に稽古風景、意気込みなど
随時更新していきます。
皆様、お楽しみに~♪


担当 佑一郎 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立劇場公演だより

いよいよ目前!五月国立劇場公演
初日まで、
あと十数日となった五月国立劇場公演、
今年は
“国立劇場大劇場出演三十回記念”の公演です。
1981年の『佐倉義民伝』『お六と願哲』『阿部一族』からはじまり、
1984年・1985年の2年間をのぞき、
毎年続いてきた国立劇場大劇場公演。
その全てに出演してきた大ベテランから、
生まれた時には大劇場公演がはじまっていた若手俳優まで、
一丸となって、お稽古が進んでいます。

演目は、
『歌舞伎十八番の内 鳴神』と『芝浜の革財布』。
初めて観ても、何度も観ても、
歌舞伎のおもしろさを堪能していただける二本立てです。

昼の部は満席の日もあり、
お席は夜の部の方がご用意しやすくなっております。
夜の部、と言っても、
午後3時開演なら、終演は6時30分頃。
4時開演でも、7時30分頃です。

ぜひ、新緑の一日、
楽しい歌舞伎見物にお出掛けください!!
お待ちしております。


【東京営業所:小林 記】
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター