FC2ブログ

Entries

今年も、北九州市立松本清張記念館に行って参りました!

去る5/26・27に北九州市立松本清張記念館にて朗読劇が行われました。
これは記念館の友の会主催で行われるもので、年に一回、この時期に行われます。
今年で15回目、16作品となります。
清張さんの作品を、鈴木幹二が作品の長短に関わらず、テーマを失うことなく一時間ものにまとめたものを、三人の役者が朗読するものです。
今年は開館20周年ということで、二日間に亘って行われました。
年々リピーターが増えているそうで、今年も二日間とも満席。大勢の方にご覧いただきました。

1-1.jpg

1-2.jpg

この公演の特徴は第一回目から音響、照明も現地の同じ方が参加して下さっていることです。
つまり、七夕のように年一回だけ、この公演のために記念館に結集するのです。
公演は勿論ですが、この出逢いも私たちの楽しみの一つとなっています。
私たちが到着する前から準備をしていてくださり、到着すると打合せ、マイクチェック、そして、通し稽古、本番となります。
雨の日以外は野外ステージでの公演なのですが、朗読にはもったいないくらいの立派なスピーカー、小倉城の石垣を活かした素敵な照明、出演者にとってもお客様にとっても至福のひとときとなります。

2-1.jpg


初日は芥川賞受賞作品『或る「小倉日記」伝』。
開演は19時。まだ明るいうちから始まりましたが、終演の頃には月がくっきりと!
お芝居の感動と自然の美しさに酔いしれました。

3-1-1.jpg

3-3.jpg

3-2.jpg



終演後は、会館や友の会の方たちと20周年の祝賀会。
これまでの思い出を語りながら、楽しいひとときを過ごしました。
私たちが楽しんでいる横で、明日の公演のためにスタッフの方たちは準備を進めて下さっています。
本当にご苦労さまです‼️

4-1.jpg

4-2.jpg

祝賀会も仕込みも一段落して、いよいよ再会の祝杯は、ビルの屋上で野外バーベキュー。
こちらの音響の工事もされたとか。
若者たちで溢れんばかりの一角で、ちょっと年期のいった我々も美味しくいただきました。
そうなんです、私たちはいただくだけで、焼くのは音響、照明さんたちなのでした(笑)

5-1.jpg

5-2.jpg


翌日9時に会館入りすると、すでに準備が始まっています。
その合間をぬって、小倉三兄弟をパチリ‼️
右側から、音響の阿部さん、津田さん、脚本の鈴木幹二さんです。
年毎に磨きがかかって素敵でしょ(^○^)

6-2.jpg

6-1.jpg

二日目の作品は、新作『霧の旗』。
稽古期間が短かった上に柳生の声が出なくなるというハプニングも加わって、どうなることかと直前までヒヤヒヤしましたが、本番には柳生の声も戻り、たくさんの拍手をいただきました。

7-1.jpg

7-2.jpg


楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
名残を惜しみながら、来年の再会を約束して小倉を後にしました。
清張記念館の皆さま、音響、照明のスタッフの皆さま、そして、公演をご覧いただきました大勢の皆さま、
本当にありがとうございました。来年、またお会いしましょう(^-^)/

8-1.jpg

8-2.jpg

8-3-3.jpg


そして、このブログを読んで下さった皆さま、来年は是非、記念館にいらしてみてください。
記念館の周りを散策するのも楽しいですよ。
それが無理な方は、7月に高円寺と相模原で行われる公演に、是非‼️
詳細は、前進座HPをご覧下さい。
お待ちしております。

豊田美智恵:記

※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

大阪初上陸!

北九州市立松本清張記念館のプロデュースにより、
15年に渡って年に1作品づつ積み重ねてきた
松本清張朗読劇シリーズ。
201805281913070d0.jpeg


今日は、大阪での初上演で、
柳生啓介、浜名実貴、津田恵一の三人が、
『或る「小倉日記」伝』を。
20180528191310329.jpeg


笑いの聖地での公演に、一同ドキドキでしたが、
終盤には、ハンカチで目頭や鼻を押さえるお客さまの姿が。
皆さま、心地よいカタルシスに満たされたご様子でした。
20180528191311dad.jpeg


上演の機会を下さった読売ファミリーのスタッフさんは気さくで
2018052819291029e.jpeg


会場の太閤園は、美しいお庭と、美味しいお食事で評判です。
201805281940412fd.jpeg

ご来場の皆さま、誠にありがとうございました。


槌屋恵美記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『松本清張朗読劇』レポート 嵐芳三郎

皆さまこんにちは!嵐芳三郎です。

8月5日、6日は『松本清張朗読劇』公演でした。今回は二本立て。昨年五月に初演した「蒼い描点」と、今年の五月に初演した新作、「疑惑」です。

最初の公演会場は滋賀県の「三井寺」。数々の苦難を乗り越えて、その都度再興されたことから、「不死鳥の寺」と称されている著名なお寺です。深い歴史と格調高いこの寺院の施設をお借りして、朗読劇公演ができるのも、主催者様である「前進座大津友の会」の皆さまのお陰です。ありがとうございます。「大津友の会」の皆さまには、「南の島に雪が降る」公演でも大変お世話になりました。

そして会場はこちら。

20170805_103425.jpg

こんな素敵な会場が、お客様で一杯になりました。座っている後姿は、わたくしと柳生啓介です。仕込みもリハーサルも終わりほっと一息。後は開演を待つばかりといった時間です。

舞台には、松本清張先生の似顔絵が描かれた暖簾を飾りました。

20170805_103530.jpg

終演後は出演者全員でお客様のお見送り。皆様いろんな感想を下さいますが、「蒼い描点」では箱根の山中が頭に浮かんできたと言って下さる方が多く、「疑惑」は裁判の傍聴席に居るみたいだった、との感想が多かったです。朗読劇はお客様に言葉だけでイメージを持っていただくものなので、このようなご感想は大変励みになります。

時間があったので、周辺をちょっと散策。

20170805_103357_001.jpg

緑が多く、蝉の声も物凄く、まさに日本の夏を感じさせてくれる場所。訪れることができて幸せでした。

DSC_0133.jpg

そして二日目の公演は、京都市国際交流会館でした。

20170806_111740.jpg

この公演は前進座を長く応援して下さっている、「京雀会」の皆さまと、劇団前進座京都営業所の主催公演です。昼夜二回公演でしたが、猛暑にも関わらずたくさんのお客様が来て下さりました。とくに昼の部は定員オーバーになり、用意した椅子が足りなくなった為、ロビーのソファーを会場に運び入れて対応しました。夜の部もほぼ満席。本当にありがたいことです。

こちら、リハーサル中の柳生啓介です。足元にはお気に入りの赤いポットが。このポット、いつでも手放せないようですね、中身はなんでしょう?

20170807_093320.jpg

最終確認のマイクチェック。ナレーションとセリフの一部を本息で稽古して音量の調節です。そして声にエコーを掛ける部分も丁寧に稽古して、会場に合った響きを探ります。役者の声を拾い、様々な音や音楽をタイミングよく出しながら、「音響さん」として僕らと一緒に芝居をしてくれているのは、前進座文芸演出部の横山あさひです。あさひちゃんの写真撮るの忘れちゃった・・・ごめんね。

もう一人の出演者浜名実貴は、「疑惑」の台本を持ってポーズ。

1502094644740.jpg

この新作では女性弁護士と、殺人の容疑を掛けられた女性被告人を演じ分けます。

この日もお客様のお見送りの時、いろんなお声をかけて下さいましたが、なんと前日の「三井寺」に続いて、京都にも観に来てくださった方が数人いらっしゃいました。「三井寺で観てとても良かったので、もう一度観たかった」、「三井寺で観たとき、理解できない部分があったので、もう一度観たかった」、など理由は様々ですが二度もご覧いただき本当に嬉しかったです。

そして、おじいさまと一緒に来てくださった中学生の女の子は、まったく飽きず引き込まれて、特に「疑惑」にとても感動してくれたそうです。浜名実貴ちゃんのファンになってしまったようで、ツーショットで写真を撮っていました。もしも女優さんに憧れて、自分もお芝居やりたいなぁ、なんて思ったら、ぜひ劇団前進座付属養成所にお越しください、お待ちしております。

以上!朗読劇公演のご報告でした。またお会いしましょう!!

記 嵐芳三郎



※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

松本清張朗読劇『波の塔』尾道公演

7月28日、尾道市民劇場さんの例会。
松本清張朗読劇を例会としてお取り上げいただいたのは、『或る「小倉日記」伝』『張込み』に続いて三回目です。
尾道駅に降り立つと、春に『柳橋物語』で伺ったときとだいぶ様子が変わっています。


駅舎の改装工事中でした。

どんな駅舎になるのかな。風景が変わるのは楽しみでもあり寂しくもあります。

大好きな尾道。なかなかゆっくり街を観てまわる時間はありませんが、駅周辺だけでも…
向島

林芙美子像

懐かしい風情のお風呂屋さん

海岸通りの雁木


会場は駅前のしまなみ交流館テアトロシェルネ。

のれんはロビーに飾って。のれんを分けて写真を撮ったり、それぞれに楽しまれている様子♪嬉しいです。

『波の塔』に出てくる藁細工、深大寺の“赤駒”も。
「赤駒を山野に放し捕りかにて多摩の横山歩ゆか遣らん」(万葉集)


今回はキャスト三人と、制作、舞台監督兼音響スタッフの五人で伺っています。ちょっとご紹介。

制作=豊田美智恵(鑑賞会ではもうお馴染みかな。松本清張朗読劇も担当しています。いい笑顔、酒強し(笑))


舞台監督兼音響=横山あさひ(いつもニコニコ可愛いあさひちゃん。絶妙の間で音楽や効果音をいれてくれます。役者と同じ呼吸をしていなければできない仕事です。)

あさひちゃんの手元の機械、私にはサッパリわかりません(^^;

よ~く見ると…
役者の名前が‼
会館のスタッフさんが用意してくださったとのこと。
あさひちゃん一人なので、昨日の呉といい今日の尾道といい、会館のスタッフさんがとても力を貸してくださいます。本当にありがたい。
m(_ _)m


『波の塔』は、7月30日(日)13時~「調布市文化会館たづくり12階大会議場」でも上演します。
皆さまのお越しをお待ちしています。

浜名実貴☆記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

松本清張朗読劇『波の塔』呉公演

7月27日、呉市民劇場さんの例会で呉に伺いました。
呉での松本清張朗読劇は初めて。
春の『柳橋物語』以来、今年二度目の呉です。


会場は初めての「くれ絆ホール」。
市役所の中にあります。





昨年4月にオープンしたばかりだとのこと。綺麗なホールです。

呉といえば、映画『この世界の片隅に』の舞台ですよね。市役所ロビーでは絵コンテが展示されていました。




『波の塔』は津田恵一・柳生啓介・浜名実貴の三人で公演しています。




呉市民劇場の会員さん、初めての朗読劇にどんなご感想をもたれるかな~と少しドキドキしていましたが、終演後のお見送りのときには皆さん口々に「よかったー!」とおっしゃって握手を求めてくださいました♪
ホッとしました(^^;)
呉の皆さん、ありがとうございました‼


浜名実貴☆記
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『松本清張朗読劇』 嵐芳三郎

こんにちは!嵐芳三郎です。

毎年恒例の五月国立劇場公演が終わりまして、こちらも恒例、『松本清張朗読劇』公演が5月27日、北九州小倉の「松本清張記念館」にて行われました。

この公演、記念館の皆さんの企画で、私たち前進座は14年前にオファーを頂き『西郷札』という作品で第一回公演をやらせていただきました。その年で終わるはずが、来年も、さらに次の年も、とご要望がありついに今回14年目を迎えたのです。

そして14作目は、『疑惑』です。

僕は、誠に失礼ながら疑惑の原作は読んだことがなく、映画の疑惑を観たことがありました。なんと言っても弁護士「佐原律子」役の岩下志麻さんと、夫殺しの容疑をかけられる「鬼塚球磨子」役の桃井かおりさん。このお二人の演技が見もので、たいへん面白い映画でした。

球磨子が務めるクラブの経営者に山田五十鈴さん。被害者の親友役に三木のり平さんなど、どちらも裁判のシーンで証言するだけの役ですが、超豪華なキャスト陣で脇を固めた映画でした。

その「疑惑」を、これまですべての朗読劇の脚本を書いた、前進座演出部の鈴木幹二が、いつもながら見事な手腕で一時間の朗読劇作品に仕上げました。

ではここで、出演者紹介を。

14作品すべてに出演し、音楽監督も務める柳生啓介です。

BeautyPlus_20170527130604_save.jpg

今回は老弁護士と、終盤に重要な証言をする中学二年生の男の子を演じます。本人の弁を借りると、「老人と中学生を演じられるのは大変面白い。しっかり役に成りきりたい」。どちらも難しい役だと思いますが、説得力のある演技が好評でした。

続いて浜名実貴

BeautyPlus_20170527130400_save.jpg

弁護士佐原律子と、鬼塚球磨子を演じます。本人の弁は、「こんないいお役を両方やらせて頂くのは、女優名利に尽きます。優秀な弁護士と悪女をしっかり演じ分けたい」。その言葉の通り、みごとに演じ分けお客様の評価を頂いておりました。

最後にわたくし芳三郎。

BeautyPlus_20170527130505_save.jpg

事件を追う記者と、裁判長、そして重要な場面を目撃した27歳の男を演じます。この男、裁判で証言する役でして、実は僕この役が一番気に入ってます。シリアスなお話の中で、お客様がくすくす笑ってくださったのが嬉しかったです。

本番前、今年もやるぞ!っと、脚本の鈴木幹二さんを囲んで記念写真です。

1495859915377.jpg

終演後、たくさんの方が楽屋に来て下さり、「面白かった!」、「入り込めた!」という感想を下さいました。そして、第一回公演からずっと音響照明で作品を盛り上げて下さっているスタッフさんが、これまでの作品の中でも一、二を争う出来!と言っておられました。

また、柳生啓介は、終わった後の拍手の勢いが、これまでの作品で一番強く感じたとのこと。そして、さらに一言・・・「あ~ぁ・・・今年も終わっちゃったなぁ・・・」と、寂しそうに言っていました。

さぁ!15回目はあるのか?まだ手掛けていない、大人気作品も残っているしね!

ただ僕、ずっと思っていることが・・・たまには、お客様が笑い転げるような、朗読劇もあっていいかもね。

記 嵐芳三郎

※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

松本清張朗読劇『蒼い描点』、嵐芳三郎です

こんにちは、芳三郎です。
松本清張朗読劇『蒼い描点』、北九州は小倉の松本清張記念館にて、公演してまいりました。

この日は羽田発9時10分の飛行機。だいぶ早起きした。

201605281415283c5.jpg

柳生啓介氏。朝早くても爽やかに元気ですなー。やっぱり自分が13年間頑張ってやってきたこの企画。やる気がみなぎってる感じ。

20160528181633878.jpg

脚本演出の鈴木幹二氏。ハンバーガーとコーヒーで朝食ですか。めちゃくちゃ旨そう❗
僕も食べたくなった。

飛行機では爆睡。といってもほんとに眠ったのは30分くらいか。
北九州空港に着くと、漫画、アニメの傑作『銀河鉄道999』のメーテルがお出迎え。

2016052912025402a.jpg

しかし「999」ファンでメーテル役の声優さんにファンレターを送ったことのある僕としては、このメーテルはちょっと・・・
メーテルはもっと、とんでもなく美しくないと。

ここからは市内バスで小倉へ。

2016052912055165e.jpg

私芳三郎、小倉には何度も来たことがあるのに、松本清張記念館を訪れたのは、恥ずかしながら初めて。なぜもっと早く見学に来なかったのかと、多いに反省。清張先生の小説はもちろん、最後に書かれた書きかけの原稿などの貴重品、また、驚いたことに東京のご自宅が展示されていて、先生がくつろがれていた居間や、執筆に勤しまれていた書斎や書庫が見られる。戦後の混乱期に起きた「帝銀事件」などを扱ったドキュメンタリー映像などもあり、内容が深く見応え十分。ぜひ、訪れることを強くお勧めします。

こちらは紅一点の浜名実貴嬢

2016052912374049f.jpg

「ねぇ、実貴ちゃん!!」と、呼びかけ、振り向きざまにシャッター。
結果、こんなふうに髪がなびいて素敵な写真に。これまで全ての女性登場人物を、一人で演じ分けてきた.。そんな彼女の向こうに見える石段が、お客様が座る客席となる。

そして舞台がこちら

20160529145346344.jpg

この空間は記念館の中庭のような場所。この写真は昼間だけど、夜はライトアップされてとってもいい雰囲気になる。

再び柳生氏

2016052914502857d.jpg

ここは「読書室」という部屋で、清張先生の小説が全てあり自由に読書ができる。柳生氏、一冊を手に取ると座ることも忘れ、読みふけっている。彼の中で、次の企画の構想ができあがりつつあるか・・・

さて、13回目の清張朗読劇、無事に終えることができた。私たちの朗読だけでなく、照明、音響のスタッフの皆さんの工夫や努力によって、この作品がより一層濃密なものになったことは間違いない。約65分間、150名のお客様が一言も聞き漏らすまいと、集中してご覧いただいていたのは、演じている私たちにもひしひしと伝わって、その心地よい緊張感の中、一つのミスもなく演じ切れたことは、喜んでいいのではないか。

僕は終わった時、ほっとしたのと同時に、初参加してみんなと一緒に作り上げた『蒼い描点』が、この一回こっきりで終わってしまうことがとても寂しかった。このままこの作品を持って、旅に出たいなぁ、なんて思っていた。

記 嵐芳三郎










※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

松本清張朗読劇『蒼い描点』班、嵐芳三郎です

こんにちは、芳三郎です。
今年も北九州は小倉の、松本清張記念館公演、清張朗読劇集ノ十三が行われます。

この度の演目は、『蒼い描点』。ドラマ化もされている人気作です。しかも、すでにチケット完売だそうで、毎年朗読劇を楽しみにされている方がたくさんいらっしゃるのだなぁ、と感激しています。

ところでこの企画はずっと、前進座演出部の鈴木幹二さんが脚色演出して、津田恵一さん、柳生啓介さん、浜名実貴さんの三名が出演してきたのですが、今回津田恵一先輩は『怒る富士』に出演されているので、私芳三郎が初参加させて頂いております。

さて、その稽古の面白いこと。幹二さんを中心にこの『蒼い描点』を優れた作品にしようと、みんなでいろんな意見を出し合って作っています。この毎日が心から楽しい。もしかして、四谷怪談のプレッシャーから解放されたというのもあるのかな(笑)

それはさておき、メンバー紹介に移ります。

DSC_0078.jpg

柳生啓介さんです。長きにわたりこの企画を支えてきた功労者。今回も、いい音楽の選曲や優れた洞察力で大活躍です。役は異なる二軒の旅館の番頭さんと、事件の真相を知る雑誌社の編集長などです。

DSC_0082.jpg

私、芳三郎。この作品はある殺人事件が発端です。その殺害される役と、事件の真相に迫るルポライターをやります。ラジオドラマの経験は豊富なのですが、朗読劇はあんまり。ラジオはセリフを噛んでも盗り直しができますが、生の朗読はそれは不可。なので稽古中から、「噛み噛み禁止」を心掛けています。あ、これは芝居も同じですね。

DSC_0079.jpg

浜名実貴ちゃんです。女性の役は彼女一人ですべて演じます。今回も女流作家から、若い編集員、事件の鍵を握る謎の女性など、その変幻自在ぶりが実に見事。

DSC_0080.jpg

『蒼い描点』の脚色演出担当の鈴木幹二さんです。この長編推理小説を、約一時間強の作品にし、しかもと~っても面白く脚色した幹二さんの手腕に脱帽です。

明日も明後日もみっちり稽古します。ご覧いただくご予定のお客様。どうぞ楽しみにしていらしてくださいね。

DSC_0077.jpg


記 嵐芳三郎


※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

松本清張朗読劇『或る「小倉日記」伝』巡演

九州の子ども劇場さんの主催で朗読劇『或る「小倉日記」伝』を巡演しました。
今回は佐賀県伊万里・福岡県苅田町・福岡市東部の和白の三ヶ所です。
まずは北九州でいつもお世話になっているスタッフさんに音響機材をお借りして、ワンボックスカーに積み込んでのスタートです。
夜はスタッフさんとの交流会♪



初日は佐賀県伊万里。こちらでは大人の方々が聴いてくだいました。


津田さん、美味しい小夜食をパクリ!


中日(なかび)は苅田町。
高学年例会ということで、お客さまは小学校四年生の子どもたちからでした。
今まで大人を対象に公演してきましたが、今回は初めて子どもたちにも聴いていただきました。
言葉が難しいし、70分間も大丈夫かしら…

しかし、これは全くの杞憂でした❗
子どもたちは言葉がわからなくてもそれぞれの感性で受けとめてくれました。
アンケートには「お母さんは一人で子どもを育てるのはたいへんだったろうな」との感想も。


千穐楽(^^;
JR福工大前駅ビルのコミセンわじろ多目的ホールで。


なんと最年少は小学校二年生。しかし皆さんものすごい集中力で聴いてくだいました。
生の言葉の力って大切だな~と実感。

美味しいものもたくさんいただき、短いけれど充実感いっぱいの朗読劇巡演でした。


さて、帰京したら五月国立劇場『東海道四谷怪談』の稽古が待っていますよ、柳生さん!

⬆“按摩宅悦”に向けて旅先でも「あんま笛」が手放せない柳生さん(^w^)

浜名実貴☆記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『松本清張朗読劇シリーズ』稽古真っ最中!

松本清張朗読劇稽古真っ最中!

今日は稽古場に高知から見学のお客様が。
『或る「小倉日記」伝』を聴いていただいた後で記念撮影。
KIMG0408.jpg
お土産にアンパンマンクッキーをいただき、脚本の鈴木幹二さんも嬉しそう♪
KIMG0407.jpg

KIMG0409.jpg
初日まであと約1週間。
稽古に励んでいます!

浜名実貴☆記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

松本清張朗読劇 稽古中!

松本清張朗読劇稽古中!

松本清張記念館プロデュースで11作品創ってきた朗読劇。
8月8日尾道・9日松山・10日宇和島、そして12日13日は地元吉祥寺で公演させていただきます。
KIMG0364.jpg
稽古入りしました!
今回は『天城越え』『或る「小倉日記」伝』『張込み』『点と線』の稽古です。
なんと『天城越え』は9年ぶりです。
お客様に想像の翼を広げていただけるよう稽古に励んでいます。
KIMG0367.jpg
津田恵一さん・柳生啓介さん・私浜名実貴の三人で何役あるのかしら…。
刑事になったり、少年になったり、母親になったり、少女になったり…朗読劇だからできることですね(^^;

清張作品は日本の各地が舞台になっています。
連日猛暑が続いていますが、涼しい会場でしばしの清張トリップを楽しんでみませんか?
お越しをお待ちしています。

浜名実貴☆記

※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター