Entries

五月国立大劇場公演だより

                 絣の里

 九州をめぐる『法然と親鸞』四十日の旅も早や折返し。
今日は絣で有名な久留米。
                     真木神社

 水天宮の創始の地でもある。
筑後川を臨む全国水天宮の総本社には、
真木和泉ーまき・いずみーを祀る神社が建ち、
像もある。

 かつて藤川矢之輔が大河ドラマ『花神』で演じた
入江九一が戦死したのが“禁門の変”。
この“禁門の変”で落命した幕末の論客は、
水天宮の宮司でもあり、この久留米藩の出身。
          真木和泉像

 維新二年前、坂本龍馬暗殺未遂事件が起きたのが、
前進座『蛍』にも描かれた寺田屋事件。
但し幕末の寺田屋では、二度事件が起きた。

 龍馬襲撃の四年前、
薩摩藩の急進派と守旧派の刃傷沙汰が
一度目の“寺田屋事件”。
 この場にも、真木和泉は居た。
   九州最長の筑後川に浮かぶ竜頭の船

 「寺田屋の騒動で、 
寺田屋の二階が血の海のようになった時、
筑前の真木和泉一人はの、
勢いという字をなんぼとなく紙の上に書き散らして居った
ということでごわす…。
その時初めて、天下を動かすものは勢であると知った
真木の心中を考えて
いつも涙が出ることでごわす」


 江戸総攻撃前日、苦悩する西郷隆盛は回想する
(『江戸城総攻』)。


黄金のシャワー

 いま九州は何処も黄葉紅葉、モミジの盛り。
水天宮も隣の梅林寺も、錦をまとっていました。



                         喜八郎☆記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『くず~い』旅だより

札幌
「札幌のお客様は、乗りがいいとは前々から聞いていましたが、まさかこれほどとは思いませんでした。」
カーテンコールでの屑屋さんの挨拶です。
この言葉通り、札幌子ども劇場さんの例会である今日の2ステージは、客席が笑いで揺れるくらい、すごい反応でした。
客席の反応が良ければ、どんどん乗せられてしまうのは役者の性でしょうか。
この日の舞台は、今回の北海道コースの最終日です。
疲れもピークと言うのに、お客様の反応に助けられ、テンポ良く芝居ができました。

『くず~い屑屋でござい』班は、これで、しばらくお休み。
男優3名は、すでに『さんしょう太夫』班に合流し、私は、12月の『くず~い屑屋でござい』と、来年の『龍の子太郎』公演の準備のために全国を飛び歩いています。
12月の『くず~い屑屋でござい』は、大阪の高槻市の公演から再スタート。
皆さん、しばらくお待ち下さいね!!


★『くずい』班より 横澤 寛美:記★
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『法然と親鸞』だより

今回、『法然と親鸞』で勢至丸をやらせていただいています
森愛美(もり まなみ)です
             初日の勢至丸

男の子の役ということですごい悩んで、
毎日勢至丸のことばかり考えていました。
公演が終わる頃には
もっと違う視点で考えることができているのかなぁと思います。

この『法然と親鸞』が初舞台で、
九州も初めてで、
一人暮らしもしたことがなく、
すべてが初めてづくしという状況で
毎日が緊張しっぱなしの日々です。
         高千穂

 そんな中で、オフの日に高千穂へ行ってきました。
高千穂は空気も澄んでいて歩いてるだけで癒されました。
この旅がなければ訪れることもなかっただろうし、
とても良い機会に恵まれました!

 九州はおいしい物が多いので旅が終わるまでに人文字草

各地の名物をなるべく多く食べられたらいいなと思います。
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

全国飛びある記

そして、佐賀へ…
伊万里子ども劇場さんを後にして、佐賀に伺った私を出迎えて下さったのは、手のこんだ切り絵細工の歓迎の看板!
竜のひげが動く看板!
なんと龍のひげは動くのです!!
製作者は、佐賀子ども劇場さんのメンバーでした。


佐賀市の皆さんは、
2月の『龍の子太郎』公演に、バスを6台を仕立てて、伊万里まで来て下さることになっています。
佐賀にも会場はあるのですが、あえて伊万里の仲間と一緒に芝居を観ようという熱い思いは、
私ひとりだけの佐賀訪問にもかかわらず、
新聞には記事がのり、
歓迎の大看板を作り、
会場内には、手作りの定式幕が飾られ、
大人も子どもも一緒になって出迎えて下さった心意気にもあらわれて、思わず胸が熱くなりました。


事前学習会は、連休中とも思われないくらい大勢の皆さんが集い、演題は“龍の子太郎のひ・み・つ” 
きわどい質問も飛び交い、『龍の子太郎』の芝居づくりのあれこれを、あらいざらい話してしまいそう……。
ですが、そこは、企業秘密もありますので、思いとどまり、踏みとどまって、当日のお楽しみを残し、ひ・み・つの一部だけをご披露してきました。


今日も、皆さんに私お得意の宿題
「当日は、おひとりが3人の仲間を増やしてお会いしましょう」
を残し、佐賀を後にしました。

佐賀子ども劇場のみな様

横澤 寛美
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

全国飛びある記

伊万里におじゃましました!
『くず~い屑屋でござい』の公演は、しばらくお休み中ですが、
出演者たちは休んではいませんよ~。
全国を飛び回っています。


今日は、来年2月の『龍の子太郎』公演の事前学習会のため、
佐賀の伊万里子ども劇場さんのもとへおじゃましました。
会員歴24年のお父さんから、まだ入ったばかりという若いお母さんまで、
連休初日というのに、お忙しい中を集まって下さいました。
その方々の前で、前進座の歴史や『龍の子太郎』の見どころなどを話させていただくのです。
皆さんは、私から話を聞いて、さらに他の方を誘うのですから、責任重大。
うまく想いは伝わったのかしら……。


私が伺う前には、『龍の子太郎』に因んで、稲作をしたり、龍の子のチラシを、子ども達といっしょに、3Dに加工したり……。
伊万里の子ども劇場のみな様  3D加工!
2月の公演に向けて、様々な取り組みをして、作品への期待を盛り上げてくださっています。


2月には会員を拡大して待っていて下さる約束をして、短い時間ではありましたが、しっかりと事前の交流をし、伊万里をあとにしました。

横澤 寛美
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立大劇場公演だより

      男たちの十年

 加藤清正が築いた熊本城は鉄壁の堅城。
                 古えの構えを残す宇土櫓

江戸城無血開城から10年後、
戦勝者側の登場人物たちが斃れる西南戦争は、
この熊本城での長期戦で始まり、人吉や宮崎、
このところ『法然と親鸞』が旅してきた
南九州を巻き込んで222日の大内乱となった。

 西郷隆盛は、故郷鹿児島でかつての同僚たちに敗れ自刃。
                      西郷の墓を中に、右に村田、左に桐野

その最期まで行を共にし、墓所でも寄り添う
中村半次郎(桐野利秋)と村田新八も、
『江戸城総攻』で活躍する登場人物。

 これも活躍する益満(ますみつ)は、もっと早く
上野戦争の流れ弾で落命したと言われている。

 嘗て江戸会見に敗軍代表者として臨んだ勝海舟は、
西郷を悼んで筆を執り、自費で碑を建立した。
後に移設された碑は、勝の墓所近くに建っている。

空(くう)を視る


              喜八郎☆記

追記を表示

※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『さんしょう』だより

『さんしょう太夫』かえり初日!
「ええ、姉を返せ、姉を返せ、しのぶをもどせ」
づし王のこの台詞を聞いた時、私は感動で体が震えました。
涙が出ました。
づし王の心、奴碑の心、客席の心が一つになって、さんしょう太夫に迫っていくこの場面は本当に凄い。


11月13日、日野。
『さんしょう太夫』かえり初日の舞台はこうして無事に幕を開けました。
前回の九州巡演に参加していない“新参者”の私は『屑屋』の北海道公演が終わってすぐに、おっかなびっくりで『さんしょう』班に加わりました。
私はあんじゅとづし王のお母さんを佐渡に売りとばす人買い船の船頭、
そしてあんじゅたちの様子を密告する奴碑犬丸…
とても“悪い”役なのですが、
客席のあまりに異様な空気に驚き、思わず“改心”したくなるほどでした。
それにしても、この客席の集中度、緊張感はただ事ではありません。
あんじゅとづし王、奴碑たちの心がそのまま客席に“乗り移った”としか思えませんでした。
新人の竹下君のづし王もとてもストレートでエネルギッシュで素晴らしい。


やはり『さんしょう太夫』は凄いです。
今日の手応えをバネに千穐楽まで一生懸命舞台を務めます。


■柳生啓介:記■
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立劇場公演だより

          人造人間リョーマ
      日本初の新婚旅行に来薩した坂本龍馬

いま鹿児島は、ゆかりの大河ドラマ『篤姫』で沸き立っている。

 明治維新をリードした立役者たちの生誕地は、鹿児島中央駅そばの鍛治町に集中している。
ここに建つ“維新ふるさと館”には幕末維新のいきさつや資料が展示されている。
 
英国留学した藩士たちの維新の群像は駅前に建つ

 中でも地下ホールで上映(上演?)される維新の群像は面白い。
勝海舟と西郷隆盛、大久保利通・村田新八・坂本龍馬らの
ロボットの芝居で、とかく難しいと敬遠される
幕末維新が立体的によみがえる。
          会館前に向かい合う小松帯脇と西郷



 『篤姫』のドラマは、今まさに『江戸城総攻』の舞台の只中。
勝・西郷会見の地:諸説あるがこれは池上

勝海舟・西郷隆盛の両巨頭会談は、月末の放送のようです。


                       喜八郎☆記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『くず~い』旅だより

吹雪の旭川
感動的な夕張公演を終え、早朝バスで旭川に出発する一行を見送って下さったのは、7年程前に横浜から岩見沢に移住されたMさんご夫妻。
前進座が夕張で公演することを知り、岩見沢から泊まりがけでお芝居を観に来て下さったとか。
70周年の納涼会の団扇を大事そうに持って来て下さり、「この後すぐ移住したので、それ以来前進座のお芝居は観られていないんです。」とちょっと寂しそう。
でもありがたいことに、まだ友の会には在籍して下さっているようです。
たくさんお土産を頂戴し、Mさんご夫妻、そして主催者の皆さん、今日で班を離れる制作の豊田さんの見送りを受け、バスは旭川にむけて出発しました。

Mさんご夫妻を囲んで…

旭川は、日本で最低気温を記録する街。
過去には、氷点下41度の記録があるそうです。
予想をはるかに超え、11月と言うのに気温は0度。
外は吹雪になっちゃいました。
真っ赤な実を付けた“ななかまど”に雪が積もり、幻想的……でも寒い!!

雪のななかまど
そんな天気でも、主催の旭川子ども劇場さんの子ども達は、とっても元気で、久しぶりに『くず~い屑屋でござい』の故郷・子ども劇場の公演に戻ったメンバーは、連日の公演の疲れもなんのその。
旭川子ども劇場さんの小夜食  旭川子ども劇場さんの小夜食

2日間3ステージの旭川公演も、やはり大いに盛り上がりました。

★横澤 寛美:記★
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

五月国立大劇場公演だより

 古典歌舞伎で、初ガツオと言えば…


五年前の国立で大評判を頂いた『髪結新三』ですが、
では初ガツオで始まる新歌舞伎は?

         鰹


 『法然と親鸞』で訪れているここ鹿児島は、全国の七割を占めるトップの鰹節生産地。
刺身や叩きもスーパーに並びます。

益満「旦那の分はあッしが料理しましょう。叩きですか。」
勝海舟「馬鹿を言え。江戸は刺身に決まってる。辛子醤油だよ。」
益満「飛んだとこでお里を見られたな。―」


 益満(ますみつ)休之助は、薩摩藩士。
明治維新の数年前から江戸に潜入して情報収集をしていたから、
身なり言葉はすっかり江戸風。
それでも一両二分で買った初鰹の調理法にまでは、行き届かなかった模様。

 今なら生姜か大蒜というところでしょうが、
初鰹 辛子がなくて 涙かな 
と島送りになった文化人の句がある如く
江戸っ子にはカラシ醤油が欠かせなかったようです。 

というわけで、正解は
『江戸城総攻(えどじょうそうぜめ)』
         イワシ

江戸と薩摩の人々が火花を散らす舞台に、イワシ売りも登場します。





           喜八郎☆記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『法然と親鸞』だより


 『法然と親鸞』の稽古、班出発に当たっての準備、
その他の仕事や会議、皆バタバタと東京を後にしてきた。
鹿児島についてみて初めて忘れ物に気づいた人もあるとかないとか。

 鹿児島2ステージの初日を開けて翌日は、
同じ鹿児島の道中日で一同ホット一息。
“台風一過”と言いたいところだが、お天気は生憎で桜島は雲の中。

 鹿児島を貫く甲突川には嘗て石橋が五つ架かっていました。
二つは流失し、三つが桜島フェリー乗り場に近い
石橋記念館付近に移設されています。
 五石橋を架けたのは熊本から招かれた
“肥後の石工”岩永三五郎。
       橋を見守る岩永三五郎


今西祐行さんが描いた『肥後の石工』は、
前進座で何度も舞台化されています。
          喜八郎☆記 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『くず~い』旅だより

大成功! 夕張公演
財政破綻の夕張では、行事への公費助成が無くなったことから演劇公演は、ほとんどなくなっていたそうです。
その夕張で前進座は、15年ぶりに公演しました。
解散してしまった、子ども劇場のOBや15年前に『さんしょう太夫』を誘致して下さった方々や、新聞社……地元ボランティアの皆さんのたくさんの協力をいただき公演が実現したのです。
「最近は、どんなイベントでも100人の人を集めるのは難しいんですよ!」
地元の方は、そうおっしゃっていたのに、なんとこの日集まった観客は420人。
幕が開いた瞬間、満員の客席に出演者一同感動しました。
「夕張を元気に!」そう思っていた私達でしたが、夕張の皆さんから元気をいただきました。
「破綻したのは、行政で、人は破綻していません。でも破綻するまで、行政への監視を怠った我々市民の責任も大きいのです。」
そう笑いながらおっしゃった主催者さんの言葉が強烈に心に残りました。
市役所の階段を再生階段と呼び、夕張復興のために訪れた著名人の色紙が飾られています。
最近では、吉永小百合さんや竹中直人さん。
その横に、我が『くず~い』班の寄せ書きの色紙が。
色紙には、「私たちは、ひとりじゃない!!」と書かせていただきました。

夕張公演の主催者、“オールシーズン in ゆうばり”の皆さん
おそろいのTシャツは…
「スタッフTシャツは黒がカッコイイんだけど、赤字の夕張だから、あかにしたの!!」
なんて、しゃれていらして、明るく美人ぞろいの皆さんでした。


★横澤 寛美:記★
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『くず~い』旅だより

帯広
『くず~い 屑屋でござい』公演班々長・松浦さんの故郷帯広に到着した一行は、
佳代ちゃん同様食べて食べて食べまくり……。
ぼたん海老の食べ方をレクチャーする松浦さん

でも、食べてばかりではありません。
もちろん芝居の方は、その食べたエネルギーを大放出!!
大いに盛り上がりました。


帯広ではまず、松浦さんの同級生が校長先生を務める中学校での公演。
帯広の中学生は礼儀正しく、学校は隅々まで清掃が行き届き、私達を心地よい環境で迎えて下さいました。
お芝居への反応も、「始めは、ちょっとおとなしいかな?」なんて心配しましたが、何の何の!
とっても元気に反応して下さいまして、とても嬉しくなりました。

翌日の公演は、2年連続となる帯広市民文化ホールさんの主催公演。
昨年とても評判が良く、また今年も呼んで下さったとか。
もちろんお客さまも去年のリピーターがたくさんいらっしゃいます。
ですから笑いどころも心得ていらっしゃって、私達の方が乗せられてしまいました。
全国的に、会館での演劇主催公演への観客動員がとても難しくなっている昨今、
2年連続での取り組みで、ホールの客席を8割以上うめるということは、大変なことだと思います。
帯広公演実行委員会の皆様と文化ホール関係者の皆様に心から感謝申し上げます。


かたい話になりましたが、夜はもちろん帯広でおなじみの“とかっちさん”と班全員でのお食事会。
帯広にて 勢揃い
大好物ばかりならんで、「私たちばっかり、こんな美味しいものをいただいていいのかな……」なんて口では言っても、お箸はせっせと動いて、お口にその美味しいものを運んでしまいます。
「あ~!帰りの飛行機が心配!!重量オーバーです。なんて言われちゃったらどうしよう……。」

帯広の夜、ジュリーに扮するBar“ときお”のマスターとトラック運転手の伊東さん

そうは言っても、北海道コースは、一日も休みなしのハードスケジュールです。
外は、雪。
やっぱり美味しいものをしっかり食べ、エネルギーをフルにして、明日はいよいよ、夕張での前進座15年ぶりの公演に向かいます。

帯広に今なお続く馬具屋さん

★横澤 寛美:記★
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『くず~い』旅だより

アリタ、帯広上陸
『くず~い』班はしばらくお休みを頂いており、
それぞれが次の舞台の稽古に励んでおりましたが、
11月4日、北海道公演が帯広から始まりました!!

初北海道に心躍るアリタ。
そんな私を歓迎しているのか、
雪が降りました◎
初雪です!
アリタのテンションはMAXに!!!

「初雪は愛する人、恋人とみるんだよ。」

と聞き周りを見渡すと、
私の隣にはコエビト(肥え人)がっっっ!(-.-;)
<それが誰かはご想像にお任せしまーす(^_-)-☆>

まず帯広出身の松浦さんから
「帯広で食べるべき美味しいもの」のレクチャーを受け、

『北とうがらし』のジンギスカン、
『喜久代』のお寿司、
『満寿屋』のパン、
『小川』のおそば、
『クランベリー』のスイートポテト、
『はげ天』豚丼などなど
オススメがあり過ぎて帯広にいる間に
食べることができるのかと
不安もありましたが、
無事に完全制覇致しました(^O^)/
お寿司! ボタンエビさん!
うに! かに!
もう本当にどれもこれも美味しくて
アリタは北海道3日目にして
一回り、いやいやニ回りほど
横に成長しています。。。

そして帯広のお客様は私たちを温かく迎えて下さり、そのお客様の温かい雰囲気に、
『くず~い』班全員が感動し、心まで温めてもらいました。

そんな魅力あふれる帯広に後ろ髪をひかれつつ、
『くず~い』班は夕張へと出発です!!

夕張ではどんな出会いが待っているのでしょうか?

楽しみでーすo(^-^)o


★有田佳代:記★
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター