FC2ブログ

Entries

お岩木山へ『あなまどい』

   関蔵夫妻、岩木山に登る。
リンゴ畑と稲穂稔る田を越えて青森から弘前へ
「みなさん、こんばんは」と切り出した運営サークルの挨拶に
「こんばんは」「今晩は」「コンバンハ」
客席から口々に挨拶が返り、
「今日のお芝居は江戸時代、携帯が鳴ってはいけません」という注意に和やかな笑い、そして
前例会を二名上回ったお報せに拍手。
緞帳の向こうからアット・ホームな客席の雰囲気が伝わってきます。
弘前市民劇場さんは、青森より11年若いまだ40代。
 四年ぶりの前進座を心尽くしのお持て成しで迎えて下さいました。
愛と充実のロビー展示45年前の俊寛の色紙、洒落てます

 ロビーには、前進座の弘前例会の歴史、歴代の色紙、作品豆知識などに加えて、
何と出演者全員のオリジナル・プロフィール。みんなのプロフィールが見事にまとめられています

「○○って紙切りが出来るんだ」
「○○さん芸歴63年?」
「○○空手やってたの?」
「○○さんは電飾の衣裳では出ないんだ」

普段のパンフレットには載らない情報は、共演者にも新鮮。
いろんな資料に目を通して拾って下さった役者の情報を
弘前とのかかわりも織り交ぜて
見事に纏めて下さっていました。  


 楽屋には手の込んだコラージュ。
これだと関蔵夫妻は江戸に着かずに岩木山に登ってしまいますけどね。
岩木山に登る関蔵、喜代

 この例会を楽しんでお迎え下さった温かい展示の数々でした。
唯一の欠点は、これが四年ぶりの前進座例会ということ。
次はまた四年後、なんて事にならないよう、
一日も早くこの岩木山の下に戻ってきたいものです。


    喜八郎☆記
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター