FC2ブログ

Entries

『三人吉三』だより

無事におわりました。

平成20年の幕開けの京都南座公演もどうにか千穐楽を迎え、
今年初めて自宅でゆっくりしています。
考えてみればこのお芝居では、
平成元年の5月国立劇場で「おとせ」をさせていただき、
平成10年から「お嬢」を勤めていますが、
その「お嬢」も300回を数えさせていただきました。

大川端の場
<左からお嬢=國太郎・和尚=矢之輔・お坊=菊之丞>
一つのお役をこんなにも演じさせていただける事はまさに役者冥利につきます。
これもご覧いただくお客様あっての事と、
心より御礼申し上げます。
しかしお芝居というのはなかなか大変で、
これだけやってもまだまだ遣り残したことがあるような、なかなか完成品にはいたりません。
自分の努力不足を反省しつつ、これからも演じ続けていければと思っています。

さてその南座公演ですが、
今回初めて梅之助・圭史両先輩が出演しない、
いわゆる第三世代の当代での責任公演でしたが、
どうやらご覧いただいた皆様の評判も良く、ほっとしております。
特に今回は若手のがんばりが目覚しく、
大切りの立ち廻りは本当に派手で、
お楽しみいただけたかと存じます。
大切りの立ち廻り
序幕の20年振りに復活させた「西河岸の場」は、
若手みんなで振り付けし練り上げた場面です。
序幕 西河岸の場
初日の引っ込みで拍手がきた時は「やった~!」といった感じで、今回の公演の手応えを感じました。
この勢いを持続し続けながら、みんなで前進座を盛り上げていきたいものです。

南座さんとはこれも今回初めてだったのですが、
出演者・表方さん・裏方さんと今回の公演に関わっている全員で「中日パーティー」をいたしました。
毎日顔は合わせていてもなかなか話す機会がなかったのですが、親睦も深まり、とても楽しいひと時を過ごさせてもらいました。
南座の吉浦支配人、ポケットマネーで会を盛り上げてくださいましてありがとうございました。
「よっ!男伊達!」
そして忘れてはいけないことがもう一つ。
初めてツケ打ちをした演出部の小野君に、
京都営業所長・前窪との連名で「がんばりま賞」を送っていただいた優しさにも深く感謝いたします。

両花道


ところでこの公演は南座だけではありませんでした。
実は千穐楽の翌日に山梨県の富士吉田で、一日だけ巡演をしてきました。
若手は南座の積み込みが終わるとその足でバスで移動し、
年配6名(実は私もその一人です・・・)は東京に帰り当日にバスで移動しましたが、
東京は2年振りの大雪で一体どうなることかと思いました。
富士吉田公演は雪でした。
しかし何事もなく移動もでき、無事に公演を終了させることができました。
簡保の皆様、
大雪の中をお越しいただきましてありがとうございました。
また職員のみなさまお疲れ様でした。

翌日24日の富士山

座友でこの公演に出演していただいた靖之介先輩、小佐川先輩、若い一座を締めて下さり本当にありがとうございました。
日本一の富士の山
<いつも見守ってくれている気がします。日本一!>
2008年 1月 26日                                                             河原崎國太郎
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター