FC2ブログ

Entries

『如月の華』 如月忌だより

《武子さまのお汁粉》

2月7日は九條武子さんのご命日【如月忌(きさらぎき)】です。
明大前にあるここ築地本願寺 和田堀廟所には武子さんのお墓があり、
毎年法要が行われます。京都の西本願寺でも同日同時刻に如月忌が開催されます。
私たち『如月の華』班も「是非に」とお願いをし、東西に分かれて今年の如月忌に出席させていただきました。

image+(4)_convert_20150213173845.jpeg

image+(2)_convert_20150213173315.jpeg

超満員のご本堂。荘厳な法要、築地本願寺の宗務長さまのご挨拶と続き、
千葉の西方寺のご住職西原先生のご法話をお聞きしました。
西原先生は武子さんのご生涯を丁寧に、時にユーモアもまじえてわかりやすくお話し下さいました。
中でも、歳末に周囲の猛反対を押しきって、
細民窟と呼ばれるスラム街に断固とした決意で救済に出かけて行かれたという武子さんのお話は、
「年の暮れに国から見放されたごみ溜め長屋に病院の先生まで連れて、食べ物と着物も届けてくださる」
という舞台での台詞と重なり感慨深いものがありました。
ご法話の後は前進座『如月の華』メンバー一同を紹介して頂きました。
「樺太から九州まで…武子さまのように全国津々浦々をまわることは出来ないかもしれませんが、
この芝居を日本全国で上演し一人でも多くの方々に武子さまのことを知っていただきたいと思います」
“白蓮”こと小林祥子さんの挨拶に大きな拍手が起こりました。
(京都西本願寺の如月忌では九條武子様を勤める今村文美さんからご挨拶をさせていただきました)

築地本願寺の合唱団、楽友会の皆さんが唄う『聖夜』は九条武子さんの作詞。
星の夜空のうつくしさ
たれかは知るや天のなぞ
混声コーラスの美しい歌声が本堂に響きわたりました。

武子さんの墓前でのご焼香は長蛇の列です。
「どうか私たちの『如月の華』のこと、お見守り下さい」
出演者全員で心を込めて手を合わせました。
image+(1)_convert_20150213173244.jpeg

和田堀廟所の仏教婦人会の皆さんにご接待していただいたお汁粉のお味は格別でした。
暖かい一杯のお汁粉が冷えた体を温め
皆を穏やかな顔にさせてくれます。
image.jpeg

何だか直接武子さんからいただいたお汁粉に思えて仕方なかったです。
ありがたいことです。
自然と参加者の皆さんとも会話が弾みます。
image+(3)_convert_20150213173335.jpeg

「絶対観に行くよ」「チケットは今ないの」「うちの地元でも上演してちょうだい」
そんな穏やかな雰囲気の中で皆さんと記念写真を撮り、舞台での再会を約束してお別れしました。

『如月の華』は大阪公演に向けて明後日から稽古再開です。
今日の『如月忌』はそんな私たちに“大いなる力”を授けていただた、
本当にかけがえのない一日となりました。

柳生啓介記
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター