FC2ブログ

Entries

もう一つの演芸分隊?ー南の島に雪が降る

ニューギニアの東、ニューブリテン島で
オーストラリア軍の捕虜となった時に演芸分隊をご覧になった、
94歳の方のお話をうかがった。

昭和18年10月上陸、2ヶ月半で物資は底をつき、
木の根・草の根をかじって飢えをしのいだ。
軍司令部は輸送の手段なく「頑張れ」と言うだけ。玉砕寸前に退却命令が出たが
「ああ、今日も高野豆腐ひと切れ」という歌を作って500kmの行軍、
川の水を飲み、でんでん虫・ガマガエルが食料。
3000人が餓死と病死したが、ご自分も
マラリアにかかり、引き揚げ後も2年間治療した。
IMG_2689.jpg

終戦でオーストラリア軍の捕虜になり、後に演芸分隊を見た。
芝居や落語に浪花節、軍用トラック2台を並べた舞台で「一本刀土俵入」などを上演、
落下傘で作った着物、椰子の皮の繊維で作ったかつら、女形もいて、
上海を出てから3年、日本の女性を見たことがなかったので
「今晩抱かせろ」という騒ぎ。
落語も色っぽい噺ばかり。ラバウルの竹で作った尺八や、
ブリキの缶に木をわたし、通信用の線で奏でる
三味線だかギターだか不思議な音色の楽器。

あまりに今稽古中の「南の島に雪が降る」そっくりだが、
終戦後にトラックを舞台にしたのなら、
加東大介さんの分隊ではないのか。

とすれば、別の演芸分隊が存在した、これはまた驚くべきこと、
貴重なお話をうかがった。「我々の誇りと尊厳のかかった公演だ。
心して勤めてくれ」と演芸分隊のメンバーに訓示をたれる上官・
林参謀を勤める私としては、明日からの稽古にますます期待がかかる。

藤川矢之輔 AS 林誠 参謀
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター