FC2ブログ

Entries

『解脱衣楓累』だより

出演者と会見司会の西川かずこ:祐天上人墓所前で
 『法然と親鸞』中国地方の旅を無事打ち上げ、広島から帰京しました。

 重ねてご覧頂いたお客様からは、また面白く深くなっている、とのお言葉を頂きました。
 昨年七月初演からお支え下さったお蔭様で、92ステージを上演させて頂きました。有難うございました。
 
 これから大阪、東京、全国各地に『法然と親鸞』が伺います。
次回は11~12月九州の旅でまたお目に掛かります。今後ともよろしくお願い申し上げます。


         もう一人の担当、松涛喜八郎でした。

  ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆

 さて、七月四日、東京初の真夏日の中、『解脱衣楓累』記者発表が行われました。
 《会見の内容は、新聞各紙や『月刊前進座』をご覧ください》

 処は、累さまを解脱に導いた祐天上人ゆかりの浄土宗明顕山・祐天寺。
出演者一同、地蔵堂で公演の無事と成功を祈願しました。

 この地蔵堂の格天井には、火消しの纏が描かれています。祐天上人が芝増上寺内に創設した消防組織が、江戸町火消しの元祖と言われています。

 祈願を終えて、祐天上人の墓所と“かさね塚”に参りました。

 鶴屋南北先生、“かさね”さまはお気に入りだったらしく、趣向を変えて五度も取り上げています。
 よく上演される『かさね―色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)』もその一つ。

 埋もれていたこの名作を復活、人気狂言に仕上げた15世羽左衛門丈、6代梅幸丈、5代延寿太夫によってかさね塚は建立されました。

 楓の樹の下に佇む塚にお参りして、一同、新生『解脱衣楓累』への想いを新たにいたしました。
 
                         喜八郎:記
 
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター