FC2ブログ

Entries

『解脱衣もみじ累』だより

  キンイロヨマタのチョン 

 昭和初期、
『四谷怪談』や『佐倉義民伝』の映画を上映する際には、
上映館のロビーに主人公をまつる祭壇が置かれ
一帯に線香のかおりが漂った。
とは稲垣浩監督のエッセー集に記された情景です。

 前進座映画『股旅千一夜』や
翫右衛門・梅之助ら出演の『風林火山』を撮った
稲垣浩監督の随筆集には、往年の映画界の意外なエピソードが詰まっています。

 『題名は映画の命』は、
観客に足を運んでいただくために
会社と監督が如何に知恵を絞って題名を考えたか、
そのせめぎあいを回想した一文。


 『忠臣蔵』は今でもみんなが知っている。
けれど、明治時代に最強の題材だった尾崎紅葉の名作は、
昭和初期に絵看板を見た観客が
「『キンイロヨマタのチョン』て何や?」と首をひねった由。

 歌舞伎の本外題(ほんげだい=正式題名)も難読のオン・パレード。
奇数に収めたり、縁起を担いでいろいろな制約の中で判じ物のような題名が並びます。

 痛快喜劇『法界坊』の本外題は、
『隅田川続俤』は“すみだがわ ごにちのおもかげ”。
“続”一字で“ごにち”と読ませます。
 一方、『加賀見山再岩藤』“かがみやまごにちのいわふじ”では、
“再”で“ごにち”。

 累さまを描いた『色彩間苅豆』は、“いろもよう ちょっとかりまめ”。
“間”と書いて“ちょっと”と読める人はマズ居ません。

 この秋上演の『解脱衣楓累』 “げだつのきぬ もみじがさね”なんかは、
ごく素直な方の外題です。

 どうぞ今から“げだつのきぬもみじがさね”“げだつのきぬもみじがさね”を御贔屓に。

                     喜八郎☆記



え?キンイロヨマタのチョン?
『犬夜叉』という漫画があるから、ヤシャは今の子供の方が平気で読めるかもしれませんね。
でもコンジキは無理でしょうか。
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター