FC2ブログ

Entries

松本清張朗読劇『蒼い描点』班、嵐芳三郎です

こんにちは、芳三郎です。
今年も北九州は小倉の、松本清張記念館公演、清張朗読劇集ノ十三が行われます。

この度の演目は、『蒼い描点』。ドラマ化もされている人気作です。しかも、すでにチケット完売だそうで、毎年朗読劇を楽しみにされている方がたくさんいらっしゃるのだなぁ、と感激しています。

ところでこの企画はずっと、前進座演出部の鈴木幹二さんが脚色演出して、津田恵一さん、柳生啓介さん、浜名実貴さんの三名が出演してきたのですが、今回津田恵一先輩は『怒る富士』に出演されているので、私芳三郎が初参加させて頂いております。

さて、その稽古の面白いこと。幹二さんを中心にこの『蒼い描点』を優れた作品にしようと、みんなでいろんな意見を出し合って作っています。この毎日が心から楽しい。もしかして、四谷怪談のプレッシャーから解放されたというのもあるのかな(笑)

それはさておき、メンバー紹介に移ります。

DSC_0078.jpg

柳生啓介さんです。長きにわたりこの企画を支えてきた功労者。今回も、いい音楽の選曲や優れた洞察力で大活躍です。役は異なる二軒の旅館の番頭さんと、事件の真相を知る雑誌社の編集長などです。

DSC_0082.jpg

私、芳三郎。この作品はある殺人事件が発端です。その殺害される役と、事件の真相に迫るルポライターをやります。ラジオドラマの経験は豊富なのですが、朗読劇はあんまり。ラジオはセリフを噛んでも盗り直しができますが、生の朗読はそれは不可。なので稽古中から、「噛み噛み禁止」を心掛けています。あ、これは芝居も同じですね。

DSC_0079.jpg

浜名実貴ちゃんです。女性の役は彼女一人ですべて演じます。今回も女流作家から、若い編集員、事件の鍵を握る謎の女性など、その変幻自在ぶりが実に見事。

DSC_0080.jpg

『蒼い描点』の脚色演出担当の鈴木幹二さんです。この長編推理小説を、約一時間強の作品にし、しかもと~っても面白く脚色した幹二さんの手腕に脱帽です。

明日も明後日もみっちり稽古します。ご覧いただくご予定のお客様。どうぞ楽しみにしていらしてくださいね。

DSC_0077.jpg


記 嵐芳三郎


関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター