FC2ブログ

Entries

松本清張朗読劇『蒼い描点』、嵐芳三郎です

こんにちは、芳三郎です。
松本清張朗読劇『蒼い描点』、北九州は小倉の松本清張記念館にて、公演してまいりました。

この日は羽田発9時10分の飛行機。だいぶ早起きした。

201605281415283c5.jpg

柳生啓介氏。朝早くても爽やかに元気ですなー。やっぱり自分が13年間頑張ってやってきたこの企画。やる気がみなぎってる感じ。

20160528181633878.jpg

脚本演出の鈴木幹二氏。ハンバーガーとコーヒーで朝食ですか。めちゃくちゃ旨そう❗
僕も食べたくなった。

飛行機では爆睡。といってもほんとに眠ったのは30分くらいか。
北九州空港に着くと、漫画、アニメの傑作『銀河鉄道999』のメーテルがお出迎え。

2016052912025402a.jpg

しかし「999」ファンでメーテル役の声優さんにファンレターを送ったことのある僕としては、このメーテルはちょっと・・・
メーテルはもっと、とんでもなく美しくないと。

ここからは市内バスで小倉へ。

2016052912055165e.jpg

私芳三郎、小倉には何度も来たことがあるのに、松本清張記念館を訪れたのは、恥ずかしながら初めて。なぜもっと早く見学に来なかったのかと、多いに反省。清張先生の小説はもちろん、最後に書かれた書きかけの原稿などの貴重品、また、驚いたことに東京のご自宅が展示されていて、先生がくつろがれていた居間や、執筆に勤しまれていた書斎や書庫が見られる。戦後の混乱期に起きた「帝銀事件」などを扱ったドキュメンタリー映像などもあり、内容が深く見応え十分。ぜひ、訪れることを強くお勧めします。

こちらは紅一点の浜名実貴嬢

2016052912374049f.jpg

「ねぇ、実貴ちゃん!!」と、呼びかけ、振り向きざまにシャッター。
結果、こんなふうに髪がなびいて素敵な写真に。これまで全ての女性登場人物を、一人で演じ分けてきた.。そんな彼女の向こうに見える石段が、お客様が座る客席となる。

そして舞台がこちら

20160529145346344.jpg

この空間は記念館の中庭のような場所。この写真は昼間だけど、夜はライトアップされてとってもいい雰囲気になる。

再び柳生氏

2016052914502857d.jpg

ここは「読書室」という部屋で、清張先生の小説が全てあり自由に読書ができる。柳生氏、一冊を手に取ると座ることも忘れ、読みふけっている。彼の中で、次の企画の構想ができあがりつつあるか・・・

さて、13回目の清張朗読劇、無事に終えることができた。私たちの朗読だけでなく、照明、音響のスタッフの皆さんの工夫や努力によって、この作品がより一層濃密なものになったことは間違いない。約65分間、150名のお客様が一言も聞き漏らすまいと、集中してご覧いただいていたのは、演じている私たちにもひしひしと伝わって、その心地よい緊張感の中、一つのミスもなく演じ切れたことは、喜んでいいのではないか。

僕は終わった時、ほっとしたのと同時に、初参加してみんなと一緒に作り上げた『蒼い描点』が、この一回こっきりで終わってしまうことがとても寂しかった。このままこの作品を持って、旅に出たいなぁ、なんて思っていた。

記 嵐芳三郎










関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター