FC2ブログ

Entries

波涛を越えて

小倉から関門海峡を越えて、下関に移動
といっても、所要時間はたった15分。

何しろこの海峡、海底を歩いても往還できる間近さ。
関門人道 福岡→山口
関門橋の下を歩いて下関に出れば、維新の砲台の隣に、
初春京都公演の『牛若丸』-義経の八艘飛。
初春『牛若丸』ここにあり
幕末維新、源平時代の他にも
武蔵小次郎決戦の地や巌流島
女忠臣蔵―加賀見山などなど史跡巡りの種には事欠きません。

『切られ与三郎』初演は『加賀見山』と併演。『切られお富』は紅翫初演、妹背山と併演。昔の上演時間は長かった。

この関門海峡、源平時代の名は赤間が関。
安徳帝を祀る赤間神宮の斜向かいは如何なる謂われかふく料理の
『お富』という割烹旅館。
『お富』と赤間神宮


黙阿弥さんの『切られお富』は『切られ与三郎』の書替えですが、
元祖お富以来、赤間源左衛門はこの世界の登場人物。
赤間もお富も蝙蝠安もみる杭も、昔の名前で幕末版『女の一生』に生まれ変わった
『切られお富』。

 先代達の『切られお富』が下関市民劇場に伺ったのが
'85年の5月7日、第146回の例会ですから、
31年振りの下関市民劇場例会。明日から三日間だけ、
お見逃しなく。

喜八郎☆記
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター