Entries

怒る富士in出雲

2月20日(月)『怒る富士』班一行は、出雲にやって参りました。

わたくし妻倉は、2002年から『出雲の阿国』の阿国さんをさせて頂いたご縁で
【遣島使】という島根県のPR 大使になって、早や10年。
…ということで[出雲]のブログは私が書かせて頂くことになりました。

妻倉阿国

どしゃ降りの鳥取から「スーパーまつかぜ」に乗って1時間45分、
冷たい雨風が降る出雲に着いたのが、13:25。
観光をやめて駅前で出雲名物の割り子蕎麦だけ食べてホテルに籠った人、
ひたすら温泉を堪能した人、
昼間からお酒を楽しんだ人…と様々な移動休暇日だった様ですが、
やはり若手の女の子たちは、冷たい雨風等ものともせず、
元気に縁結びの神様[出雲大社]に出掛けて行きました❗
そして無事お参りを済ませ、セオリー通り、お守りを買い、割り子蕎麦とおぜんざいを食べたそうです。
(効果のほどは如何なるや❗)

かくいう私は、雨脚が弱まるのをホテルで30分程待ってから出掛けたところ、
大社に着くころには日の光が眩しい程になりました。
何度も訪れている大社本殿にサクッとお参りし、
そのまま道なりに西へ、稲佐の浜方面へしばらく行った左手に阿国の墓があります。
野山を切り開いただけの素朴な階段を20段程登ると、そこだけひらけた一画が❗
中世から近世に歴史が大きく動いた時、
彗星の様に現れ、京の都で一世を風靡した❗
というあの【出雲の阿国】さんのお墓にしては今にも崩れ落ちそうに古びてひっそりとしています(>_<)

阿国さんの墓

階段を降りてさらに浜の方へ歩みを進めると右手に奉納山があり、
その中腹には阿国さんのレリーフが。
こちらは少し華やいだ雰囲気。
奉納山を降りて今来た道を戻った左手には、
阿国さんが晩年歌を詠んで暮らしたという[連歌庵]…と、阿国さん関連の処を巡り、
満足して出雲市内のホテルに戻ったら、もう夜になっていました。

前日、ゆっくりと鋭気を養った私たちは、21日「前進座の怒る富士が観たい❗」「観せたい❗」という
【怒る富士サポート委員会】の皆さま主催のもと、
熱い舞台をお届けすることが出来ました。

出雲対面式

歌舞伎の始祖といわれる阿国さんも応援してくれていることと信じて、
これからも[その時その場で生きている人間]を[描き割り]ではなく
[丸っぽ]の人間として、【舞台の上で生き】られる様、
こだわって舞台に立ちたいと思っています。

縁子背中

この後、九州、中国、関西、東北、静岡…と、4月5日迄、まだまだツアーは続きます。
各地のみな様、お目にかかれますことを楽しみしております~💕

伊奈半佐衛門の妻・縁子役の妻倉和子デシタ。

伊那夫妻


記・妻倉和子
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター