FC2ブログ

Entries

『柳橋物語』二日目終了 嵐芳三郎

新生『柳橋物語』、鳥取に続き米子公演を終えました。

さて、初日の鳥取ですが、芝居中客席からの反応がほとんどなく、舞台で演じる私たちの緊張が客席にも伝わってしまっているかのようでした。しかし、お終いの幕が下りていくときの拍手の激しさは物凄かった。わたしの経験上、お客様が本当に感動していないと、あれほどの拍手は起こりません。

そして二日目の米子公演。この芝居は舞台転換が多く、次の場面に行くために若干の時間がかかってしまいます。それをもっとスムーズに、お客様の集中をとぎれさせないようにするための工夫を加えました。それは大変上手くいきまして、全体の流れがさらに良くなったと演出家が言っておりました。

これは、スタッフさん達の優れた仕事ももちろんですが、我々キャストも全員が転換に加わり、少しでも早く転換が終わるよう努力している結果です。このペースは公演を重ねるごとに早くなるでしょう。ただ、怪我やトラブルだけは絶対に避けなければいけません。

さて、話は変わり、これからは役者にスポットを当てます。まずはじめは私芳三郎にスポットを!

杉田屋という大工の若棟梁、「幸太」をやらせて頂いております。

P1020253.jpg

主人公の「おせん」を一途に思い続けた男です。実は「柳橋物語」は私が前進座に入って初めての舞台でした。その時はもちろん別の役でして、幸太は憧れの役でした。幸太のおせんを思う心が切なくて、若かった私は幸太にばかり感情移入していたように思います。

P1020254.jpg

江戸っ子らしいきっぷの良さと、ハギレのよいセリフ、そしてなにより、おせんを思う心を大事に演じていきたいです。

次回から、他のメンバーを私が紹介していきまーす。お楽しみに!!

本日のおまけ
楽屋裏話
29年前、「幸太」を演じていらしたのは武井茂先輩。あのスラっと背の高い、かっこいい武井さんの幸太が目に焼き付いている。僕はあまり背が高くない。なので、せめてもっとすっきり痩せて、男前の幸太になろうとダイエットしようとしたが、ま~ったく痩せずに初日を迎えてしまった・・・・しかも、実は1.5キロ太ってしまった。世間の皆さんごめんなさい。しっかし!!痩せなくて良かったと、いま心の底から思っている。ほんとに痩せなくてよかった。

その理由は次回の「柳橋ブログ」にて・・・

記 嵐芳三郎
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター