FC2ブログ

Entries

『法然と親鸞』だより

    1192つくろう  

 ときは源平合戦の時代。
     当班、最長老。法然上人と大原で問答する顕真法印の村田吉次郎。公演中に傘寿を迎えました。


 法然上人が黒谷で浄土の光を見た翌々年に『俊寛』僧都が鬼界ヶ島に流され、大原問答の翌年には義経が『勧進帳』の旅に出ます。
            『俊寛』の併演は、『子はかすがい』。

 むかし教科書で習ったことを動員しながら稽古に臨みますが、歴史学も進んで、「鎌倉幕府の成立は1192年じゃなくなった」と聞きました。
 よく聞いてみると、頼朝が征夷大将軍になったのは確かに1192年。しかし、どの時点を鎌倉幕府の成立とみるかの解釈が変わったということのよう。

 「1192目指そう頼朝将軍」なら良いみたいです。





 『法然と親鸞』は勢至丸(後の法然上人)9歳の年から
親鸞の末娘王御前(後の覚信尼)9歳まで
95年を描きます。
            こちらも9歳


 王御前は親鸞聖人の墓を守り、本願寺の基礎を築いたと伝えられます。
           親鸞のベスト・ハーフ、王御前の母・恵信尼。親鸞聖人の実在が疑われた頃、恵信尼の文書が裏づけとなってその存在が確認されたといいます。

 お待たせしました。
もう一人の王御前は、中山心ちゃん。
 NHKドラマ『出雲の阿国』では、幼い頃の阿国を演じていました。

                 カエルさん気をつけてね…万物に優しい王御前後の覚信尼

関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koendayori.blog111.fc2.com/tb.php/25-b13808e0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター