FC2ブログ

Entries

『薄桜記』静岡巡演千穐楽 嵐芳三郎

嵐芳三郎です。

1月16日、沼津にて初日を開けた『薄桜記』静岡の旅は、2月7日三島にて、「伊豆市民劇場」さんの例会で無事千穐楽を終えました。この作品を初めて例会に取り上げて下さいました、静岡県の皆様に改めまして心から御礼を申し上げます。

さて、私がやらせて頂いた「丹下典膳」という人物。

DSC_020044361.jpg

自分には全く非が無いのに、左腕を切り落とされ旗本の身分も剥奪され浪人に落ちぶれます。

DSC_021444362.jpg

妻から、なぜ真実を言わず全ての責任を負うのかという問いに、「武士とはそういうものだ」と胸を張って言い切る人です。怒ることも、嘆くことも、人をなじることもせず、運命を受け入れる。現代では到底理解できないけど、江戸時代のまっとうな武士には本当にこんな人がいたのだと、信じています。

そして、片腕になった夫の今後の生活を心配する、妻を安心させるためにこんな言葉をかけます。

「神君、家康公はこう仰せになられた。人の一生は重き荷を負うて遠き道をゆくが如し・・・」

この徳川家康公が残された御遺訓の全文をご紹介します。

「人の一生は重荷を負て遠き道をゆくが如し、急ぐべからず。不自由を常と思へば不足なし。心にのぞみおこらば、困窮したる時を思ひ出すべし。堪忍は無事長久の基。怒は敵と思へ。勝つ事ばかり知りて負くる事を知らざれば害其の身に至る。己を責めて人をせむるな。及ばざるは過ぎたるよりまされり」

旗本の典膳としては、この御遺訓が武士としてのあり方なのです。

さて、この芝居のクライマックスは、片腕の剣豪丹下典膳と、堀部安兵衛を含む三人の赤穂浪人との死闘です。その様子を一枚の写真でご紹介してこのブログを終わります。

右腕で安兵衛の動きを封じつつ、睨みで他の二人をけん制する典膳。

15177941694974436.jpg

記 嵐芳三郎
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

2件のコメント

[C262] また観たい

大阪国立文楽劇場で観劇し、芝居全体の出来の良さに感激した事、特に最後の場面、中嶋さんの堀部安兵衛にわざと討たれ、その後、浜名さんの千春が典膳の亡骸に突っ伏し翌朝雪の小山になっているのを見て泣けました。
その後もう一度見ようと妻と京都南座で2回目を観劇しました。
二度目のほうがより感激しました。

[C264] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2018-02-13
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター