Entries

『人間万事金世中』四日目となりました。

『人間万事金世中』国立劇場公演も
四日目となりました。
まだ前半ではありますが
なんだかあっという間に感じます。
本当に毎日連日、大勢のお客様にご覧頂き、喜んで頂いて出演する私達も毎日楽しく演じさせて頂いております。

さて今回わたくし、一幕目には積問屋『辺勢』(へんせい)の丁稚、野毛松(のげまつ)と二幕目には陶器店『恵府林』(えふりん)
の若い者(手代ですね)錦蔵を演じております。

今年で入座27年、丁稚奉公は26年になるわたくし、
数々の丁稚を演じて来ましたが
普段、江戸時代は前髪の丁稚が常ですが明治の毬栗頭は初めて、
そもそもザンギリが常のこの歌舞伎、自分も今までの丁稚と違って新鮮な気持ちで演じています。
20180515211944841.jpeg

2018051521205939b.jpeg


今回の野毛松、もうすぐ大台のおじさんが演じていると思わずあくまでも10才の子供が演じてと思って観てください。

ちなみに二枚目は歌舞伎等で出てくる江戸時代、前髪の丁稚。
26年前のわたくしです。(目が閉じていてすみません)

最近ようやく大店の主人になれたのですが…
20180515212233e6a.jpeg


また丁稚になっちゃいました(≧∀≦*)
20180515212358c6d.jpeg


野毛松はご主人勢左衛門様はちょっと怖いけど、
他の奉公人の人達と楽しく面白く奉公しております。
特に番頭さんは大好きです!
それが伝われば幸いです。
20180515212513614.jpeg

2018051521260812d.jpeg


また二幕目の手代錦蔵は主人に忠誠を誓い実直ながらも、やはり今時(明治の)の青年。それが醸し出されるといいのですが…。
一緒に勤めている藤七と喜助は松浦海之介君と嵐市太郎君。
ご存知の御方もいらっしゃると思いますが産まれながらの前進座っ子、それこそ赤ちゃんのお時から知ってる二人。
この赤ちゃんは市太郎君!
201805152127141ef.jpeg


それが今やこんなに大きくなろうとは…
201805152331270a7.jpeg

20180515233220f7b.jpeg


第四世代の若手として今一生懸命に頑張っている、いわばホープ達です。

あっという間にと言いましたが公演もまだまだ前半です。

これからご覧になる方も、まだ予約をしていない方も、是非国立劇場に足をお運び下さい。
当日券もございます。

皆さんと楽しみたいと思います。

よろしくお待ちしております!!m(__)m

寺田昌樹
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター