FC2ブログ

Entries

『ちひろ』聞いちゃうよ第五弾 嵐芳三郎

『ちひろ』班は残すところついに1ステージとなりました。今日から四日間は公演が無くて、12月25日、そう! クリスマスに横浜の関内ホールで千穐楽を迎えます。

さて、今回は「聞いちゃうよシリーズ」の第五弾。この人に登場してもらいます。

_20181220_14430388.jpg

ちひろちゃんの妹、「小原佳子」を演じる松川悠子です。この写真を観ても分かるように、なかなかひょうきんな子です。それでは、聞いちゃいましょう。

台本を初めて読んだときの、小原佳子という役の印象は?

松川「役の印象としては、登場人物の中では一番普通…と言いますか一般的な人だなぁと思いました(笑)ちいちゃんとの姉妹関係としては、妹だけどお姉ちゃんみたいな人柄!」

なるほど。芝居の中では姉のちひろちゃんをとても気遣ってる感じが良く出てるもんね。姉妹が逆みたいなね。
では次の質問。今回お芋を食べながらの芝居があるけど、その苦労は?

松川「舞台稽古で初めて実際にお芋を食べた時に、加減が分からず、一口でたくさん芋を頬張ってしまい、もごもごして台詞が言えませんでした。それからは、芋を口に入れるのは少しだけれども、お客様にはちゃんと食べている様に見せる!ということを意識していますが、中々難しいです」

色々な経験をして、分かってくることがあるからね。お芋なんて、食べながら芝居するのが一番難しい食べ物だと思うよ。
じゃ、次行きます。演じていて特に好きなシーンや好きな台詞はありますか?

154528752142133.jpg
(やっぱりひょうきんな子だね)

松川「好きなシーンは、二幕で紙芝居の絵のモデルになっているところです!佳子は少し嫌々な感じや、ちいちゃんに呆れている感じで『ほどほどにしなさいよ』と言ってはいますが。実は内心は、上手に描いてくれるちいちゃんの絵を見てとっても楽しくて嬉しくなっている!と思って私は演じています。なので、そのシーンを演じる私自身もとても楽しいです♪」

あそこは、姉妹の仲の良さがとても出ていると思うなぁ。
小原佳子を演じるにあたって、心掛けていることは?

松川「佳子は登場人物の中で唯一ちひろさんと血の繋がった家族です。どんな人でもやっぱり家族内での顔と外での顔は、違う部分があると思います。ちいちゃんは私といる時だけは他では見せない顔を出せる。私はそんな存在なんだ!ということをしっかり意識するようにしています」

うんうん。そういう日常性がこの芝居ではとっても大事だよね。では、最後の質問ね。今年入ったばかりの新人なので、この芝居が初舞台だよね。しかも巡演もあった。てことで、初舞台、初旅の感想は?

松川「初舞台で演じる役が、『妊婦』そして『幼子をもつ母』ということで、助産師をしていた私としては運命を感じました(笑)そして、この作品では『松川』という言葉もとてもご縁があります。(松川村に松川事件、登場人物にも松川先生がいたり…)わたくし松川としましては、これまた運命でしかないなと、思っております。初旅の感想は、公演で行く先々で、本当にたくさんのお客様が応援して下さってるんだなということを実感致しました。これからもっもっと頑張っていきたいです!!」

うん! 頑張って行こうね! 期待してます!

記 嵐芳三郎
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター