FC2ブログ

Entries

『解脱衣楓累』だより

   古池や 歌舞伎飛び込む 水の音


 『解脱衣楓累』、吉祥寺での幕を開けます。

 歌舞伎の幕といえば、三色の引き幕―定式幕ですが、
この引き幕使用を許されたのは、幕府公許の江戸三座だけ。
ほかは緞帳を使いました。

 その昔、初世猿若勘三郎が、
幕府の御座船を木遣り音頭で見事に導いた功により
将軍家光から、その安宅丸の帆を拝領、
中村座の引き幕に仕立てたのが
定式幕の始まりといわれています。

 もちろん公許の三座ー中村座・森田座・市村座ー
と言えども、保護されていたわけじゃあありません。
  
老中・水野忠邦:『あばれ八州御用旅』より
  ≪老中水野忠邦≫

 大南北が冥土に旅立った翌年改元されて、時代は天保。
老中・水野忠邦は、芝居禁止令を決定。

 ここに立ちふさがったのが、我らが遠山の金さん。

 桜吹雪にもろ肌脱いで南北町奉行を歴任した遠山金四郎:『遠山の金さん捕物帳』より
(は いなかったと思いますが)

芝居の必要性を、立て板に水の如く述べて
論破した(んでしょう、見たわけじゃないけど)

 江戸三座は命を取り留めて、
沼地を埋め立てた浅草猿若町に移転。
そこで街角には表題の落首(らくしゅ)。
 落首ってのは、庶民の時事批評。今で言えば
ザ・ニュースペーパーのコントみたいなもんです。


 全国の公共会館を含めて、現在見られる定式幕の殆どが、
森田座流の萌黄・柿・黒(上手から)の並び。
 近年また見られるようになった
中村座の配色は、黒・柿・白。
 一方、市村座流の黒・柿・萌黄。

 一つに見える定式幕にも江戸三座それぞれの色がありました。

 市村座は、77年前、前進座が旗揚げした小屋。

 翌年正月からは五ヶ月連続で提携公演が軌道に乗っていたが、
さて明日が創立一周年という日、漏電から出火。
 
 楽屋風呂から汲んだ湯で火を消そうとしたら
慌てた声が叫んだ。
「馬鹿、お湯を掛けたら火はなお燃える」。
 二日前に後援会から贈られたばかりの座旗を、
藤川八蔵が何とか救い出したが、
私物を持ち出す暇もなく、三十分足らずで全焼。
 江戸以来の名を伝える芝居小屋の最期だった。

 196年前、『解脱衣楓累』が上演される筈だったのも、
この市村座。
 
 初演から203回目、新生『累』の9回目が、
ホーム・タウン吉祥寺での返り初日。

 前進座劇場の定式幕は、柝の音が響くのを待つばかりです。 



                    喜八郎☆記



 写真は、上:『あばれ八州御用旅』水野忠邦役
         中村梅之助
(『月刊前進座』1990.4月号より)
       下:『遠山の金さん捕物帳』遠山金四郎景元役
         中村梅之助
         (『写真集・中村梅之助』より)
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター