FC2ブログ

Entries

『ちひろ』柳生啓介特集! 嵐芳三郎

『ちひろ』班は10月13日の熊本県菊池市公演と、本日14日の熊本市公演を無事に終了致しました。台風19号の影響で熊本までの渡航が大変懸念されましたが、急遽移動を一日早め、さらに飛行機をあきらめ新幹線に切り替えたことによって、全員が11日中に熊本入りできました。

最悪の事態を想定して、公演班班長の益城宏先輩の的確な指示により、迅速な決断と行動に踏み切ったことが大正解でした。もし、あの時決断しなかったら……菊池市も熊本市も公演中止になっていたかもしれない。それを思うと怖い気持ちになります。「そんなに心配しなくても、台風がそれるかもしれないよ」などという考えは、絶対に持ってはいけないと再認識できました。

しかし、全国各地には甚大な被害を受けた方たちが大勢いらっしゃいます。被災地の皆様の生活が、一日でも早く元通りになることを願うと同時に、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

さて、それではいつものブログを始めます。今回は、ちひろちゃんが上京して勤めた新聞社の編集委員、「野々山悟」を演じる柳生啓介特集です!早速いつもの質問コーナーから行ってみましょう。

DSCPDC_0001_BURST2019ppp.jpg

①まだ旅の途中ですが、『ちひろ』という芝居に初参加してみて如何ですか?

初参加ですが、私はこの芝居が大好きです。自分でも驚くほど、相当に好きみたいです。ちひろチームに参加出来て本当に光栄です。野々山という、やりがいのある楽しい素敵な役に出会うことが出来て幸せです。

②演出の鵜山さんに言われた印象的な言葉は?

鵜山さんとは“初仕事”で、最初はとても緊張しましたが、その穏やかで温かい、深いまなざしと言葉に私はすっかりやられてしまいました。一日目の読み合わせの稽古が終わって、「じゃあ柳生さん、明日立ちましようか」と言われたのには驚きました。この人、優しい顔して何て恐ろしいこと言うんだ!って思いました(笑)。
一幕の終わり、ニューギニアで戦死した親友の遺した絵をわざわざアトリエに持ってきた野々山の心情を大事にしてください、と言っていただいたお言葉を今も大切に舞台を勤めています。

③ズバリ趣味は?

韓流ドラマです。旅先でもポータブルブルーレイ持参でホテルの部屋で観ています。韓国の役者さんたちの情熱、高い志にいつも励まされています。今は、ちょっと昔の作品ですが『烏鵲橋の兄弟たち』というドラマを視聴中です。

④ストレス解消法は?

ストレスは…ないです。もちろん日常生活でいろいろとストレスがないわけではありませんが、それらは全部舞台で解消しています。例えば『裏長屋騒動記』で芳三郎さん演じる久六に大家の私が、「帰ってそう言え!その兄弟分とかいうバカ野郎に!」と超のつく大声で怒鳴る台詞は本当にスカッとします。ずっと台詞のない役ばっかりだったら…ストレスたまるでしょうね(笑)

はい、柳生さんありがとうございます。趣味の韓流ドラマ鑑賞はもう長く熱中されていますね。韓流ブームの火付け役となった『冬のソナタ』というドラマが、流行する前から観てましたもんね。しかも、韓国語も勉強していてちょっとした会話ならできる程です。

『楽屋のひととき』

柳生さん演じる「野々山悟」には、ともに画家を目指した親友がいた。しかしその親友の命は若くして戦争によって絶たれた。

この芝居の一幕の終わりは、親友が残した絵を野々山が画家仲間達に見せて、思い出を語るシーンで終わる。自分よりずっと絵が上手かったあいつ。この絵はあいつ自身の夢を描いた、一家団欒の風景だと。

ある日、小道具担当スタッフの宮内さんという方が、柳生さんに話しかけてきた。

「柳生さん、実はね。一幕の終わりの場面、毎回舞台袖から観ているんですけど、たまらない気持ちになるんですよ」

宮内さんにも画家の親友がいらしたが、病によって若くして亡くなった。生前親友から、「お前が先に死んだらおれが遺影を描いてやるよ」と冗談交じりに言われていた。

「あんなこと言ってたのに、先に死んじゃってね。でもね、あいつより上手い絵を描く人を僕は知りません」

宮内さんに楽屋でそんな話をしてもらった柳生さん。毎日本当に大事に演じたいと、改めて思ったそうだ。

記 嵐芳三郎
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター