FC2ブログ

Entries

五月国立大劇場公演だより

       『その前夜』
 
「津田の倅は、京で新撰組に斬られよった」
昨年まで上演した『お登勢』で、
勤皇派・津田貢が挫折を感じるのが、
池田屋事件。

 8.18政変の活躍で“新撰組”の名を頂いた隊は、
この池田屋斬り込みで日本中にその名を轟かせた。
池田屋事件は、京の町の幕末動乱の始まりでもあった。
 動乱前夜の京の庶民を描いたのが、
前進座ユニット出演映画『その前夜』。
“勤皇の志士”古高俊太郎の捕縛が池田屋事件の始まり

 三條木屋町、池田屋と三條小橋を挟んで向かい合う大原屋は
少々落ち目。
 入り婿の主人は池田屋とヘボ将棋の好敵手。
『花神』第一回も「三條木屋町」。大村益次郎が襲撃されたのも此処。

 友禅職人の息子(翫右衛門)は、新撰組相手のクリーニング商売を思いつく。
 上の妹(山田五十鈴)は、家のため先斗町の芸妓になっている。
 おきゃんな下の妹(高峰秀子)は若き新撰組隊士に心を寄せていく。
 原田屋には絵描き修行をする元長州藩士(河原崎長十郎)が寄宿するが、
姉娘は彼に魅かれている。

 京の街に生きる人々の日常ドラマの中、
季節は祇園祭を迎え、事件は起きる。
山鉾巡幸
 
 
  「あんたらは、気楽なもんどすなぁ。
ワシら銭にならんことすんのアホらしいと思うけどな。」
(『その前夜』)


 丁度70年前の今月始まった撮影は、
公演の合間を縫って十ヶ月続き翌年秋に封切られた。

 前年に前進座ユニット出演映画『人情紙風船』を遺して出征、
この年九月に中国で戦病死した
名匠・山中貞雄の追悼映画だった。



                     喜八郎☆記
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター