FC2ブログ

Entries

前進座だより

大盛況でした!納涼会!!

去る8月5日(日)午後、劇団の夏のビッグイベント“前進座納涼会”が開かれました。
昨年は、劇場改修工事のため都心の会場で行ないましたが、今年はホームグランドに戻っての開催となりました。
当日は、前進座友の会を中心に400名を超えるお客様にご参加いただき、にぎやかで楽しいお祭りとなりました。
納涼会看板


お客様をお迎えするのは当日一日ですが、納涼会の準備は何ヶ月も前から始まります。
劇団内の俳優・制作部をはじめ、各部署から集まった実行委員を中心に、今年の納涼会の内容、企画や屋台の中味を考え合って準備します。

直前の準備は、数日前からです。
まずは、巡演に出ている公演班以外の、東京の劇団員が総出で、中庭の草取りをします。
今年も、今にも雨が落ちてきそうな7月30日、朝から一斉に開始しました。
納涼会準備の草むしり


そして8月3日、京都から戻った『法然と親鸞』班の若手俳優も加わって、中庭に紅白幕を張り提灯を吊り、テントや平台を使って屋台を組み立てます。
炎天下での作業は大変ですが、劇場の周りがどんどんお祭りらしくなっていく、楽しい時間です。
中庭で紅白幕作業

ちなみに女優陣は、屋内で屋台の値札を作ったりロビーの装飾をしたり、屋台で売るおつまみの仕込をしたり…。
こちらも外の準備に負けないくらい、いろいろな作業があるのです。
そうそう、搬入口では演出部の若手たちが、会場内を曳いて歩く可動式屋台を作っていました。
可動式屋台作りの演出部


そして迎えた当日!
まず第一部は、前進座劇場では初のお目見え『くず~い 屑屋でござい』の芝居見物。
江戸時代の人々の生活の知恵や暮らしのあれこれをわかりやすく解説。
そして、落語「井戸の茶碗」をもとにした、抱腹絶倒のお芝居をご覧いただきました。
『くずい』カーテンコール

第二部は、歓談と交流の時間。
みなさま中庭や搬入口、バリアフリー通路や劇場入り口に作られた屋台へ。
屋台には、生ビールや枝豆のほか、近所のお肉屋さんから仕入れたコロッケ・串カツ、
そして女優陣を中心に演出部や事務職のメンバー、養成所生徒も一緒になって、数日前から仕込んだ野菜の浅漬けやきゅうりの一本漬け、当日朝準備した冷麦、お芝居上演中も一生懸命焼き上げた焼きそばが、所狭しと並びました!
「生ビール片手に俳優さんと交流できるのが、前進座納涼会ならでは…!」とは、参加した友の会員さんからよくお聞きする言葉です。
うちわにサインをもらい、俳優を囲む輪ができ、屋台の売り子をしている若手俳優と買い物をしながら親しく話す姿が、あちこちに見受けられます。
バリアフリー通路の屋台

お客様でいっぱいの中庭

おやっ、風鈴や俳優の手拭い等、江戸の風情満載の屋台が舞台の上で商いしています。
そう!
あの、可動式屋台です。
江戸屋台は舞台上で商い

お腹もいっぱい、俳優たちと交流したあとは、第三部の始まり始まり~。
渡会元之&今村文美を総合司会に、劇場に戻っての納涼企画です。
オープニングは男優陣の総踊り『大江戸東京音頭』。
「迫力があってさすが!」とはご覧になった男性の弁、「かっこいい~」と惚れ惚れ見とれた女性たちも多かったのでは…。
中村梅之助劇団代表からのご挨拶、前進座友の会東京パル代表世話人・清田恵氏のご挨拶、養成所第27期生の元気いっぱい『よさこいソーラン』と続き、メイン企画は前進座版笑点?!『辰三郎の見もの、晴れもの、笑い者!!』。
山崎辰三郎が司会を、藤川矢之輔が座布団運びをつとめ、男女優チームに分かれての対抗戦では、飛び出す名回答・珍回答に客席は大受けでした。
商品券や旅行券に加え、世津子・矢之輔・菊之丞・國太郎・広也それぞれの“思い出の品”が当たる福引大会、そして劇団員と参加者が一体となる“全員合唱”と進み、圭史のご挨拶と会場一体の力強い手締めで、楽しかった祭りもお開きとなりました。
男優陣勢揃いで『大江戸東京音頭』

前進座版笑点?!


ご参加、ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。
そして、まだ前進座友の会にお入りではないみなさま、友の会員になって、来年はぜひご一緒に夏の一日をお楽しみになりませんか!?
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター