FC2ブログ

Entries

『出雲の阿国』だより

 「出雲のおくにっ記」 


本日は、南座の楽屋と舞台をつなぐ、
命のエレベーターをご紹介いたします。
南座の楽屋は、4F、3F東、3F西に分かれています。
ちなみに私は、3F西です。
一階にある舞台とは、エレベーターで行き来いたします。
上手、下手に一つづつありまして、
上がったり降りたりを繰り返しております。
せまい階段もあるにはあるのですが、
およそ実用的ではないので、皆、ほとんどエレベーターを使います。
今回の「出雲の阿国」のように、衣裳替えの多い芝居では、
4Fにある衣裳、床山部屋、そして自分の楽屋との激しい行き来になります。
出の前は、なるべく余裕を持ってスタンバイするのですが、
そうも行かないこともあり、惜しいところで、エレベーターが行ってしまうと、
そのイライラと焦りは、
(念の力で、エレベーターを引き寄せられるのではないか!?)
というレベルに達します。
出番の後は、別に急がなくてもよいのでは?
いやいや、あせびっしょりで、踊り唄い終えて、一時も早く衣裳を脱ぎたい!
というような時に、誰かがイレギュラーなエレベーターの使いかたをして、
待たされたりすると、殺意すら抱きます(こわいよ、それは!)。
大勢の出番の前後では、
ちょっとした用事で、別の階の楽屋を訪問することは禁物です。
怒りに燃えた汗びっしょりの山賊達に、
ものすごい形相で睨まれたりいたしますから(例・たいこどんどん、でした)。
・・・で、エレベーターの脇には、
「只今の時間、出演者・スタッフ以外の使用禁止」の札がかかっています。
さすがに南座近辺の出前のお店の方々は、
絶対に危ない橋、もとい、エレベーターには乗りません。
時間、階段を選んで運んで来てくださいます。
われらが西楽屋は、特に危険地帯(とっさに階段を選ぼうにも近くにない)なので、
これからも余裕を持ってスタンバイしようと決意しております。
過去には、エレベーターから一歩も止まらずに、
早足で舞台に出ていった俳優、
エレベーター中から台詞をどなった俳優もいたようです。
こわやこわや・・・。
命のエレベーター様、絶対に壊れたらあかんよ!!!

20090110002601.jpg
写真は、エレベーターの中の高橋佑一郎さんです。


お加音こと高柳育子でした。m(__)m。
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター