fc2ブログ

Entries

親鸞聖人を演じて 嵐芳三郎

皆様、このブログに久々の登場となります、嵐芳三郎です。いつも変わらぬ応援をくださり、ありがとうございます。

私、「花こぶし 親鸞聖人と恵信尼さま」にて、親鸞聖人を務めさせて頂くにあたり、東京都内のご寺院が催される「報恩講」に多数参加させて頂きました。

「報恩講」とは、親鸞様の祥月命日の前後に営まれる法要のことで、関係者の皆様にとって大切な行事です。

その際、各寺院のご住職様のご好意により、お集まりのご門徒の皆様の前で、「花こぶし」というお芝居の説明と、自分が親鸞聖人を演じる思いを、語らせて頂くという機会を頂戴しました。

ご門徒の皆様からは、「頑張ってね!」「いいお芝居にしてね」、「チラシにサインして!」など、温かいお言葉をたくさんいただき、大変嬉しく思いました。それと同時に、「絶対に良い芝居にしなければ」という気持ちが、お寺に訪問する度に強くなりました。

そんな思いで稽古に励み、11月29日の長崎公演を初日に、12月18日の佐世保公演まで、「花こぶし」の最初のスタートである旅公演を、無事に終えることができました。これまで、公演の為にご尽力下さいました全ての皆様に、心から御礼を申し上げます。

ここで、芝居の中で親鸞様が歳を重ねていく様子を、写真でご紹介致します、ご覧下さい。

芝居の始まりは二十代。親鸞様は眉毛がきりっとしているのが特徴なのですが、あまりきりっとし過ぎると柔らかみが無くなるので、程よく描くように心がけております。

20231213_132159.jpg


次は、三十代から四十代ころ。髪の毛が伸びてしまっている状態です。このような時もあったようです。

20231213_143717.jpg


さらに、五十代から七十代。若い頃は頭が青いですが、この頃は肌色が強い頭になっています。

20231213_144954.jpg


そして、九十歳。親鸞様の晩年…
どうなるかは、舞台をご覧いただいてご確認下さい。



「花こぶし 親鸞聖人と恵信尼さま」 という作品は、親鸞様の一代記というものではなく、題名の通り恵信尼さまとの夫婦の愛、家族の絆を描いたお芝居です。この先、来年の九月まで各地で公演は続きます。ぜひ多くの皆様にご覧頂きたいです。何卒、宜しくお願い致します。

記 嵐芳三郎


❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃

     詳しくはこちらをご覧ください

❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター