FC2ブログ

Entries

『龍の子』旅だより

故郷 いわき
今日の公演は、私の出身地いわき市での公演でした。
いわきの平市民会館と言えば、あぁ!外にリフトがあって、搬入が大変な、あの会館ね!……と言われてしまう古い会館でした。
その会館が取り壊され、“アリオス”と言う近代的な会館が建設されました。
客席数が1700を超えるコンサートホールです。
そのホールの1階席(878席)だけを使って、前進座として初めてアリオスで、『龍の子太郎』を上演しました。
主催は、地元に開園して、来年25年を迎える郷ケ丘幼稚園。
数カ月前から、保護者の皆さんと園の先生方が、実行委員会を作り、今日まで、たくさんの方を誘ってくださいました。
実行委員の皆様

パワフルないわきのお母さん達の力で、1階席は、ほぼ満席。
前方の席には、園児達が、まとまって座ったために開演前は、大騒ぎ!
はたして、2時間の上演中、この子達はおとなしく観ていてくれるのかしら……。

ところが、赤鬼さんが出てくるあたりから、子ども達はノリノリに。
子ども達の歓声が、会場に響きわたりました。
私のにわとり長者などは、登場しただけで大爆笑!
こんなにノリがいい訳は、公演前日に幼稚園で、先生方が、龍の子太郎の紙芝居を読んで下さったおかげかも知れません。
実行委員会の皆様に本当に感謝します。

楽屋のグリーンルーム(喫茶スペース)には、冷たい飲みのものや、プロ級の手作りパン、地元の銘菓もご用意いただき、そのお心づかいにも、ホッと和みました。
手作りパンのお味は最高でした


横澤家からも、不肖の娘とその仲間達のために、
母が朝早くから炊いた栗ご飯と豆ご飯が届けれ、
横澤母の栗ご飯&豆ご飯
もちろん子どもの頃から知っているご近所の皆さんもご覧いただき、
「やっぱり、故郷公演はいいものだ……」と、しみじみ思う一日でした。



追伸
夜は、私が学生時代所属していた、いわき演劇鑑賞会の役員さん達とも交流し、5月の国立劇場公演の観劇も約束して下さいました。
鑑賞会さんには、9月に、同じアリオスの大ホールを使って、『鳴神』を例会として、やっていただくことになっています。
そして私といえば、「6月10日、『法然と親鸞』で再び、アリオスの舞台に立つ予定なの…」と言うご報告と、コマーシャルもしっかりしたところ、
「え~!、今年は、前進座がいわきに3回も来るのか~! 大変だ~!」と言いながら、嬉しそうにして下さいました。


☆横澤寛美:記☆
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター