FC2ブログ

Entries

五月国立大劇場公演だより

      ぽん太のお手柄
            本文とは関係ありません ぽん太の墓


 将軍が江戸を去って一と月、
三遊亭圓朝は日本橋の寄席・伊勢本のトリを勤めていた。

 その晩も、浅草の自宅から出勤しようとしたが
木戸が閉まっている。
 むなしく家に帰ったが、今度は寄席に詰めていた弟子たちが
日が改まっても帰ってこない。
 砲声が轟き、上野の山で戦争が始まったとの噂に
気を揉む圓朝の元に一人の弟子が
皆の無事を告げた。
             圓朝の墓所
 
 三遊亭ぽん太だった。

 圓朝かかりつけの床屋から弟子入りしたぽん太は、
チョット愚かともいわれたが愛嬌者。
途中官軍の陣営に捕まったが、
圓朝の弟子と知っていたものが居て
解放され、大任を果たした。


 翌朝動乱を見物に出掛けた大圓朝が眠るのは、
谷中の全生庵。
 彰義隊の上野戦争をはじめとする
維新の犠牲者たちを弔う為に
山岡鉄舟が建てた寺で、鉄舟の墓に従うように墓石が建つ。
圓朝と鉄舟の交友は前進座上演『金木犀の花』でもおなじみの通り。
               山岡鉄舟終の棲家

その圓朝にまた寄り添うように
ぽん太の小さな墓石がある。


            喜八郎☆記
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター