FC2ブログ

Entries

五月国立大劇場公演だより

          完全上演 

 療養中だった真山青果は、当時
長十郎・翫右衛門や国太郎が何度も見舞いに来ては
何か言い出せずにいる素振りで帰って行ったと
回想している。

前進座による『元禄忠臣蔵』系統的上演は、
三年前からの悲願だった。
 左團次没後にも新たに一篇が発表され、
更なる執筆予定もあったが結局この時
前進座が上演した十篇が決定稿となった。          
   
 『元禄忠臣蔵』をはじめ真山青果の作品は、饒舌で有名。
作者本人も自分は調べたことをいろいろ盛り込んで
読み物として発表しているのだから、
舞台上演の際には適宜カットしてもらって構わない
と公言していた。

 最高傑作といわれる『御浜御殿綱豊卿』も
左團次上演では、一幕も新井白石登場の場も
原作の半分にカットしている。

 その『元禄忠臣蔵』を
前進座は、一字一句抜かずに完全上演すると
打ち出したのだった。

 左團次上演から引き続き演出に当たる巌谷慎一
―明治の児童文学者・巌谷小波の長男―が
前進座小稽古場に入ると、
机の上に原本を載せた面々が
“もう燦燦たる朝日の流れを浴びて”
ずらり勢ぞろいしていた。

 三年越しの“系統的上演”の始まりだった。


        喜八郎☆記 
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター