FC2ブログ

Entries

五月国立大劇場公演だより

          おもて看板

 公演の合間に抜き稽古、
中座の公演を打ち出した夜九時から
二階の大部屋楽屋で全体稽古という日々だった。
 
 演出の巌谷槙一氏も
深夜ヘトヘトになって近くの福田屋旅館へ。
コロ(鯨の脂身)の味を覚えたのは
帰途に一息ついた道頓堀の屋台でだった。
中座の櫓

 第二弾、第三弾と回を重ねると
端々の役までが青果の台詞術を掴み、
『元禄忠臣蔵』の世界に溶け込んでいった。


 『御浜御殿綱豊卿』は
初演でも苦労した一篇。
 奥女中が男装をして戯れるのだから、
女形では駄目。女優を男装させて出せというのが作者の指定。

 その他衣裳のことなどでいろいろと
大汗をかいた作品だが、
何よりの難関は
二世左團次も苦しんだ台詞の長さ。

 初演では半分に縮めたこの一篇を
ノー・カット上演という大冒険。
 翫右衛門・長十郎の丁々発止のやり取りは勿論、 
国太郎が発案した
新橋綺麗どころの弾き唄い出演作戦などが
効を奏し、ダレることなく好評を博した。

 『元禄忠臣蔵』は、前進座の表看板になっていた。



喜八郎☆記
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター