FC2ブログ

Entries

『小倉日記』稽古場だより

稽古場からこんにちは
今年は松本清張先生の生誕100年を記念する年です。
清張先生には、座の若手俳優を育てる「矢の会」の代表世話人をやっていただき、
また、『左の腕』という座を代表する作品を提供していただいたりと、
前進座は長いお付き合いをさせていただきました。
そうした経緯もあり、
このたび、北九州市の“松本清張記念館”より『或る「小倉日記」伝』の上演依頼があり、
今その稽古の真っ最中です。

ここで稽古風景を皆様に御覧いただきましょう。

稽古風景① もと「耕ちゃんは?」ふじ「白川先生んとこ」  稽古風景② もと「恩に着るわ。本当に助かった。」  稽古風景③ 耕作「ただいま~」
稽古風景④ ふじ「あら、仙蔵さん、しばらくぶりやね」仙蔵「こりゃどうも、奥さん、いや、とてもこう面出せるもんやないんやけど…」  稽古風景⑤ お末「じいちゃん!」  稽古風景⑥ 仙蔵「えれえもんや、まったくありがてえもんや」
稽古風景⑦ とめ「書き置きやね?」ふじ「[本当に長い間お世話になりました。さようなら。お末]」  稽古風景⑧ ふじ「東禅寺でそんな会が…」アキ「と云って、それ以上のことは、私には分かりません…。」  稽古風景⑨アキ「あそこにある人力車は、あんた方のですか?」ふじ「はぁ。」
稽古風景⑩ ふじ「あの人たち、決して悪い人たちやないけね」耕作「違う、ただ…」  稽古風景⑪ ふじ「耕ちゃん、もとおばさんがおいしい魚を持って来てくれたよ」もと「ほら、ヒラメの刺身よ。一口食べちゃらんね」  稽古風景⑫ もと「もうすぐお医者さんが来てくれるけね」耕作「いやだ!もうじっとしてられない!」


お末=森 愛美
こんにちは!
研修生の森 愛美です。
今回私は『或る「小倉日記」伝』というお芝居で【お末】という役をやらせていただきます。
このお末ちゃんという子は主人公である耕作の幼なじみであり、初恋の女の子でもあります。
とても重要な役なので大切に演じたいと思います。
ただ今、稽古の真っ最中で悪戦苦闘の毎日ですが、
稽古場の雰囲気もとても良くお客様の心に残るような作品になるように頑張ります。!

◆津田恵一:記◆

関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター