FC2ブログ

Entries

『お登勢』旅日記7

矢之輔旅日記7

世界遺産に挑戦

 富士宮を去る日、やっと富士山がお顔を見せてくれました。それも明け方4時頃、てっぺんにチョコンと小さな雲のせて、真っ黒な姿をくっきりと。嬉しかったわ、ほんま。
 静岡県内では「富士山を世界遺産に」キャンペーン運動中。横断歩道でも、ここ静岡はじめ近隣の都市は「頭を雲の上に出し」という歌が流れます。ゴミをなくして、はよう世界遺産になってほしい。
 世界遺産といえば、歌舞伎と並んで文楽。「お登勢」では劇中に、お登勢と恋人貢の木偶人形が登場、えらい会員さんのウケがええんですわ。人形は淡路の「人形恒」こと田村恒夫はんの傑作、遣うてるのはうちの若手、みんな他に芝居の中の登場人物である「役」を勤めてます。いわば人形遣いの素人が猛特訓をうけて、そのお蔭で遣えるようになりましてん、えらいもんですわ、おっ師匠はんは。手ほどきは桐竹勘十郎師、振付・指導は吾妻寛穂師、お二人のお蔭です。
 そのご指導をうけて、可笑しな笑い声で特徴のある小川錦次郎の役をしながら貢の人形を遣うてる中嶋君、ひと言。
 「初演からずっと貢人形の『主遣い』をやっております、中嶋です。
 振付けの寛穂先生はとても熱心な方です。物凄~く熱心です。時には稽古時間を無視した熱心さで指導してくださいます。おかげで何とか人形に心が乗り移ってきた様な気がします。筋肉痛と共に…。
 そのご指導に報いるためにも、そして何より皆様に楽しんで頂くために、『左遣い』の宗二郎君、『脚遣い』の昌樹君と呼吸(イキ)を合わせて、貢人形に命を吹き込んで行きたいと思います。」


中嶋の本役? 小川錦次郎
<中嶋の本役? ずうずうしい小川錦次郎>

 舞台で是非、黒一色のこの人形遣い軍団にご注目を。
「木偶の味、謎知り初めて、それからが」という翫右衛門さんの句を思い出しつつ。       
【木偶の坊の、矢之輔 記】


関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター