FC2ブログ

Entries

在京の日々

    演博
   THE TSUBOUCHI MEMORIAL
   THEATRE MUSEUM
   WASEDA UNIVERSITY

                   
 『切られお富』『三人吉三』の作者河竹黙阿弥家を継いだ河竹繁俊博士が、
 えんぱく初代館長。坪内逍遥博士の教え子でもあります。
  日本の博物館は写真禁止なので数十万点と言われるコレクションをここにご紹介できませんが
 古代の神事から始まる日本演劇の歴史、映画、シェークスピア、民俗芸能、見世物を含むあらゆるパフォーマンスに関わる物たちが此処に居ます。名優、演劇人の衣裳、鬘、筆跡、愛用品、デスマスクから長唄の名手のデスハンドまで。
 
一度に展示できる量ではありませんから、企画展は勿論、“常設”展といえども度々模様替え。気の向いたときに足を運べばまた違ったものが観られます。

二世左團次展と同時開催の企画が30周年で解散する早稲田ゆかりの劇団、第三エロチカの回顧展
といえば、この博物館の幅広さがお判りと思います。

 初代館長は、「ストリップも立派な芸術である」と仰言った方。近代演劇の部屋にはストリップのコーナーも。
坪内博士胸像前の贈呈式で踊り子さんから贈られたバタフライやGストリングが保存されています。

 杉村春子展の時には、「一切合財頂きました」との御挨拶があったように、今もどんどん増え続ける多彩な収蔵品、とても観尽くすことのできない博物館です。

       喜八郎☆記
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター