FC2ブログ

Entries

在京の日々

      二世左團次展
    ―坪内博士記念演劇博物館


  坪内博士が建設を思い立った文学部の建物を見上げて

演博創立の年に行われたロシア公演は史上初の海外歌舞伎公演。
『鳴神』『仮名手本忠臣蔵』などが上演されました。            
演じたのは、今から百年前に『鳴神』を復活した二世左團次。
 今回の目玉はその二世左團次展。
       演劇博物館エントランス
   
『修禅寺物語』『番町皿屋敷』など当たり役の台詞が流れる中、
二階展示室には、『鳴神』『毛抜』の衣裳、押し隈、書き抜き
詠草、鏡台や訪露公演にも使った手鏡と偲ぶよすがの数々。
演博前庭
 没後には未亡人から稽古場用資金をご寄贈いただくなど
御恩も縁も深い丈。なにより
鶴屋南北の復活、『鳴神』『毛抜』などの歌舞伎十八番、
青果、綺堂ものなど新歌舞伎、
前進座が受け継いだ財産は余りに大きなものです。
復活100周年『鳴神』アメリカ公演の興奮冷めやらぬ中に
伺えたのも、これまた御縁でしょう。
LAカーテンコール

 「頑張るのも大切だけれど、お芝居を楽しんでね」          
学芸員さんから深いお言葉を頂いて、
黄葉美しいキャンパスを後にしました。


   喜八郎☆記


『三人吉三』を初演した四世小團次の養子が初代左團次。
二世の幅広い業績は先月お話しした通り。
http://koendayori.blog111.fc2.com/blog-entry-677.html
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター