FC2ブログ

Entries

吉祥寺イベント

         トーキーと黙阿弥と          

トーキーとは、TALKING MOVIEつまり、役者が喋る映画。
映画が喋るのは当たり前と云われそうですが、
日本で本格的トーキーが始まったのは、奇しくも前進座が出来た昭和六年
          烏

サイレント映画のスターが実は烏のような悪声だったり、
碌に台詞を云えなかったりしたと云う話は洋の東西を問わず語られています。
時代劇の仕草も台詞も云える役者と云うことで
創立間もない前進座に白羽の矢が立ったと云います。

前進座は、劇団員をメインキャストにして撮った映画だけでも
二〇本近くを残しています。
創立の翌々年には既に、
長谷川伸原作『段七しぐれ』が、続いて『清水の次郎長』が封切られました。

但し、舞台と映画とは別もの。
創立メンバー、大いに苦しんだようです。
「俺が前進座の魅力を引き出してやる」、と一肌脱いでくれたのが
二十代で天才監督の名をほしいままにした山中貞雄
長谷川伸の作品から『街の入墨者』を映画化、
キネマ旬報ベスト2の評価を受けました。
          京都・大雄寺に建つ山中貞雄の碑

残念ながら以上の三作品、フィルムが発見されていないので、
前の二作がどの程度のものだったか、
山中監督がどんなに魅力を引き出して呉れたのか、
検分することはできません。

でも河竹黙阿弥の歌舞伎を現代的にアレンジした名作
『河内山宗俊』『人情紙風船』は、今でも確かめることが出来るのです。


         喜八郎☆記

関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター