FC2ブログ

Entries

吉祥寺イベント

          モーニングショー
武蔵と小次郎


 28歳で戦病死した天才監督・山中貞雄のフィルムは現在三本しか観ることができません。
うち、二本が前進座映画『人情紙風船』と『河内山宗俊』。

 その後も、シラーの『群盗』を翻案して高い評価を得た『戦国群盗伝』
村山知義による『新撰組』
後に舞台化もされる森鴎外の『阿部一族』
大河ドラマにもなった大佛次郎の『逢魔の辻』
山中監督の原案の幕末もの『その前夜』
溝口健二監督の『元禄忠臣蔵』前後篇、『宮本武蔵』 等々、
年一本以上の割合で前進座映画が産まれました。
 戦後は、『どっこい生きてる』が大資本によらない独立プロ映画運動の幕開きを飾り、
前進座の中庭に造ったオープンセットで撮影した『箱根風雲録』も、
一口50円の協力券によって造られた独立プロ映画でした。
 
 今は亡き創立メンバーたちが躍動する前進座映画は、古びるどころか、
新鮮に輝いています。 

 『明治おばけ暦』開幕に先立つ10月8日から
吉祥寺バウスシアターのモーニング・ショー
『人情紙風船』などが上映されます。


喜八郎部屋住みの若侍
関連記事
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター