FC2ブログ

Entries

『出雲の阿国』だより

施薬院全宗田部荘兵衛
2役を演じている津田恵一です
施薬院全宗は幕開きプロローグに登場し、
淀君様の前で見事に踊りきった阿国を「淀君様がお呼びじゃ!」と御前に案内します。
そこで起きた事件はのちの阿国の「河原の小屋に来てくれるお客様のために踊るのだ。」という心に繋がります。


そして、たたらの元締め田部荘兵衛は2時間45分後にようやく登場します。
お国との対決ぶりを是非ご覧いただきたいと思います。

施薬院全宗①  ← 施薬院全宗→ 施薬院全宗②     
田部荘兵衛①  ← 田部荘兵衛 →  田部荘兵衛②
■記■ 津田恵一

   
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

旅の発見…!
磐田演劇鑑賞会さんの例会を終え、次の公演地・島田に出発する寸前に発見しました。
磐田駅ホームにあった旧跨線橋の支柱。
100年前のものだそうです。

何気なく立っている支柱…、実は…  説明を読んで、ビックリ!

☆上沢美咲:記☆ ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

 阿国一座が、まずはじめに訪れた、浜松といえば・・・
なんといっても餃子!
今では餃子消費量、全国第2位の土地なのです。
公演だよりをお読みの方々も、
浜松に立ち寄られた際には是非餃子を♪ 

そして、浜松での思い出の写真を掲載しましたので、
ご堪能ください。

浜松演劇鑑賞会のみなさまが作ってくださった小夜食
↑浜松演劇鑑賞会の方々が作ってくださった小夜食

小夜食を食べる劇団員 ←小夜食を食べているところ

浜松演劇鑑賞会の方々
↑事務局長の新井さんをはじめ、浜松演劇鑑賞会のみなさま

浜松での交流会 ←交流会の様子

♪記♪ 下岡 悠日子 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

こんにちは!
『出雲の阿国』の舞台監督を務めております、
知る人ぞ知るナイス・ガイの小野 文隆です。

九州巡演のときは、僕は別の班にいたのですが、静岡巡演からひょっこり加わりました。
そのため、勝手がわからず、あたふたしております。
舞台監督は全体をリードするポジションなのに、そんな状態で大丈夫なのでしょうか?

しかし、お芝居の中の阿国一座と同様、
とっても、団結力があり、協力的な、阿国班のみなさんに支えられながら、
今日まで乗り越えることができております!

この巡演が終わるまでには、
一人前の『出雲の阿国』の舞台監督になっているようにがんばります。
        舞台監督
   ★記★ 小野 文隆
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

 みなさん、こんにちは。
静岡コースから出雲の阿国に参加しています上滝啓太郎です。
『出雲の阿国』では、大工たたらの男など、いろいろな役で出演していますが、
今回初めて“南蛮人”いわゆる西洋人の役でも出演しています。
ポルトガル語にも挑戦してます。

こういう役はなかなかやる機会がないので、楽しんでやってます
!
 
手を広げた南蛮人 南蛮人をズームアップ
南蛮人と記念写真
↑右からお客さん役の田中世津子、南蛮人、有田佳代

☆記☆ 上滝 啓太郎 

※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

後半スタート!
『出雲の阿国』静岡県下の巡演が始まりました。

初日、浜松市での公演を無事終えました。

これから各地に参ります。
毎回新鮮にエネルギッシュな舞台をお届けします。
ご期待下さい。
運営サークルの方に記念の色紙を渡す、阿国役妻倉和子 初日の集い。演出家の言葉に気持ちが引き締まる瞬間。

★上沢美咲:記★ ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

九州巡演千穐楽!!

2月27日、『出雲の阿国』九演連の公演が
長崎で無事に千穐楽を迎えました。
めがね橋

長崎はランタンフェステバルの真最中。
千穐楽をお祝いしてくれてるような賑やかさ!
中華街

そして助演で参加してくれた
『散歩道楽』の谷中田君は九州公演でお別れ。
ありがとうございました。
助演の谷中田君と佑一郎


1月11日に北九州入りして帰京日を含め49日間、44ステージ!
雪の北九州公演から始まり、今は梅が満開。
すっかり季節が変りました。

搬入から搬出のお手伝い、おいしい手作りのお通し、
各地の運営サークルの皆様に支えられ公演をつづけてきました。
そしてなによりも、客席の臨場感の深さ、
会員の皆様の息づかい、笑い、涙、拍手。
客席の皆様のパワーに支えられてきました。
ワンステージ、ワンステージ薄皮を重ねるように成長し
皆様と一緒に創ってきた『出雲の阿国』
九州の皆様、本当にありがとうございました!

この成長し発展した『出雲の阿国』をもって
次は静岡の巡演です!

静岡巡演も精一杯務めます!

記  佑一郎

※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

いざ、出陣!
皆様、いつもお世話になっております。
長崎市民劇場出身、本村 祐樹です!

遂にやってまいりました、長崎!

今回は
1幕は観客
2幕は言緒の下人、お髭の大工、所司代の下人、そしてたたらの男
と、おそらく1番役が多いと思われます。

しかし九州は空気が違うといいますか、懐かしいといいますか……

北九州に降り立った時から感じていましたが、やはり地元長崎はまた違った感じがします。

前回さんしょう太夫の九州巡演の時は、
同郷の先輩の佑一郎さんに「本村、固くなってるぞ」とつっこまれたのを今でも覚えてます。

しかし!成長した(?)姿を見てもらうためにも、今まで通り、いい緊張感の中、リラックスしていってまいります!

なんだか自分に言い聞かせてるみたいですが……(^_^;)

では、兜の緒を締め直し、地元公演、いってまいります!
頑張ります!

■記:本村 祐樹■
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

助演の谷中田 善規さんです!!!

南蛮人の谷中田さん
『出雲の阿国』に助演していただいている
谷中田 善規(やちゅうだ よしのり)さんをご紹介します!

谷中田さんは散歩道楽の劇団員で、
『出雲の阿国』では、
お客さんの役、南蛮人、大工、九蔵の配下、たたらの男と5役で
出演していただいています。

以下、谷中田さんよりいただいた皆様へのメッセージです!


お客さんの谷中田さん

「初めまして。
『やちゅうだ』と申します。
以前から、高橋佑一郎さんと親しくさせて頂いていたご縁で
今回初めて参加させて頂いております。
私にとって、人生初の九州、初の巡演でして、戸惑い、不慣れな事ばかりだったのですが、
皆様のおかげで楽しく、刺激的な毎日を過ごさせて頂いております。
今回の経験を今後の成長の糧とできるよう、励んでいきたいと思います。
今後とも、谷中田と散歩道楽の活動を是非ご注目下さい!!」


○今後の予定
●メロン記念日10周年記念「メロン記念日物語~Decade of MELON KINEN-BI」
2010年3月17日(水)~22日(月・祝)
池袋シアターグリーンBIG TREE

●散歩道楽2010春
「かいぶつのこども」
2010年4月8日(木)~12日(月)
三軒茶屋シアタートラム

●散歩道楽男闘呼組
「アルマゲドン(仮)」
2010年9月9日(木)~12日(日)
下北沢OFF・OFFシアター



○お問い合わせ
散歩道楽
03-3324-3361(TEL&FAX)
http://www.sanpodouraku.com



■編集:有田 佳代■ ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

大分公演を終えて

皆さんこんにちは。大分出身の江林智施です。

どうも前進座の人達は九州が暖かい所と思っていたようで、
1月11日に北九州入りして以来、
皆バーゲンに走りジャケットやセーター等緊急に購入しておりました。
九州にだって冬はあるわい!(笑)

さて、何度やっても緊張感と、興奮を覚えるのが“ご当地”出身地での里帰り公演です。

初めての地元公演の時は、家族は勿論の事、友達や近所のおばさん、親戚や、なんと学校の先生まで観に来て下さりまるで授業参観のような気分になりました。
今思うとあの頃、「新人の江林です!」と挨拶していた頃が懐かしいなあ(笑)

最近はといいますと。
自分だけただ一生懸命じゃ駄目、仕上がりの良い、いいお芝居を、前進座のお芝居を故郷の皆さんに観て頂きたい一心です。
ですから!古里での公演は手応えがないと面白くない。
手応えがあるようないい芝居でないとどちらも面白くない。

気合いの入り様はやっぱり新人の頃と変わらないのかな?

もう終わってしまった地元公演の心意気を忘れぬ様にこれからも頑張ります!


CA391511.jpg

■記:江林 智施■ ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

   宿帳
宿帳

 初日から一カ月が過ぎ、
九州の旅もあと半月あまりになりました。
 
 ここ博多には、9日間の長期滞在。
毎日通う会館“ももちパレス”の小屋番さんのデスクには、
“宿帳”と記したファイル。
ここで公演した劇団を記す記録ですが、
にくいタイトルです。

 芝居をしに伺うホールは、
身体を休めるホテルとは別に、もう一つの宿。
迎えてくださる宿があって
『阿国』一座の巡演も成り立ちます。


 芝居は生。
毎日いろんなことが起こります。

 博多では一幕が終わった途端に、全館が停電。
客席も騒然となりましたが、舞台監督から状況を説明、
電気も無事復帰して、
五分ほどの遅れで二幕を無事あけました。

 日々熱い反応の客席ですが、この日は心なしか
殊のほか一体感のある熱い熱い客席でした。
        
        喜八郎★記
 
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

待ちに待った熊本公演

有田佳代です。
出身地、熊本での公演の日を迎え、
緊張と不安の中、都城より熊本へ入りました。

搬入から熊本市民劇場の運営サークルの皆様にお会いして、
緊張より不安より嬉しさや感動で胸がいっぱいになりました!

自分が会員だった市民劇場の例会で、
よく芝居を見た県立劇場の舞台に立てるなんてこんなに、
こんなに幸せなことはありません。

温かく迎えて下さった市民劇場の皆様、
本当にありがとうございました。
無事に3日間の公演を終えることができました!

皆様から頂いた気持ちをパワーに変えて、
ますます元気に旅を続けます!!

201002101316000.jpg

■記:有田 佳代■ ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

阿国列車!?

貸切電車!
これは、田川伊田駅から行橋へ向かう電車(平成筑豊鉄道)の中です。
座席は阿国班のメンバーで埋まってしまい、貸切状態!!!
「こういう風景を撮っておくんだよ」と優しい先輩が教えてくださり、
早速みんなに声をかけて、カメラに顔を向けてくださった瞬間に、パチリ!

各駅で乗ってくる地元の方々は
「いつも空いとるのに、今日はどうしたとだろか?」と…(笑)

こんな電車の中の風景ってなんだかいいですね~(^▽^)


■記:有田 佳代■


※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

阿国、伝介より皆様へ
阿国班は、元気に旅を続けております。

今回は、阿国役の妻倉和子と伝介役の山崎辰三郎より
皆様への熱いメッセージをお届けします!

嘉穂劇場前にて
<左:妻倉 和子、右:山崎 辰三郎>

まずは、阿国役・妻倉 和子より
「*なぜ人々は、あたえ(私)らの唄や踊りを銭をはろ(払)うて観に来てくれるんやろか?…[皆、こころ楽しむゆえやろ]…こころ?!心が残ろうか?…[残るとも!…銭では買えぬ程のモノが残ることもある]
*あたえは土を離れたかぶ(傾)いたおなごじゃ…けど、あたえの根はこの河原じゃ!この小屋に集まるお客様が土よ!
*楽しんで観るお客様の前で楽しんで踊ってこそ、踊りの手(技術)も上がろうぞ!
*あたえらは今までこの小屋に集まるお客様に楽しんで貰うためにやってきたんじゃ…銭金やない!
………………あちらこちらにたくさんの素敵な台詞がちりばめられていますが、なかでも阿国さんの生きざまをそのまま映していて私がとても大好きなシーンの台詞たちです!
劇場にお運び下さったみな様お一人おひとりと一期一会の"生"の感動を分かち合えることを願って全身全霊でつとめます。」


続きまして、伝介役・山崎 辰三郎より
「猿若の一座にいた。女振りの踊りの名手。小唄や端唄はお手
の物。家事や料理にも非凡な才を持つ。優しさ、ヒョウキンさ
がにじみ出る。
 有吉佐和子原作から、伺われるこんな<伝介>に少しでも近
づきたい、これまでの人生の全てを賭けて!!
 この一言に尽きます。 おおげさでなく。」


■編集:有田 佳代■
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

         満を持して・・・           
       雪の小倉城

 九演連ー九州の市民劇場さんは、18団体。
ようやく二つ目の下関に参りました。
 トップ・バッターの北九州小倉での例会は、一週間8ステージ!!
        北九州芸術劇場
 一体感のある700席の会場で会員の皆さまとキャッチボールをしながら確かな手応えを実感、
一同確信を深められました。
 
 千穐樂の長崎まで40日。
各地でお迎えくださる会員の皆さまの許へ
阿国一座の旅が続きます。

                喜八郎☆記
 
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

阿国班、九州上陸


1月3日~5日の前進座公演が終了し、
『出雲の阿国』班は九州巡演へと出発しました!


そして本日、北九州市民劇場の皆様の温かい歓迎を受け、
初日の舞台が幕を開けました。

北九州芸術劇場

初日の集い

初日の集い2


2月末まで続く九州巡演。

これからどんな出会いが待っているのか!

期待に胸をふくらませながら、体に気をつけて、
阿国班一同、元気に旅を続けて参ります!!


■記:有田 佳代■


※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

初日を迎えました!!

皆様、新年明けましておめでとうございます。

前進座特別公演『出雲の阿国』が、
初日を迎えました。

開演前に、劇場ロビーにて初日の集いがありました。

初日の集い 1 

初日の集い 2


また、劇場前にて毎年恒例の鏡開きがありました。
今年は、市内のサークル・雷音さんによる和太鼓の演奏で始まり、
大いに盛り上がりました。

和太鼓の生演奏

鏡

お馴染みの“黒松仙醸”
(お酒は“黒松仙醸”、黒河内雅子の実家・高遠の㈱仙醸さんに毎年お世話になってます)

客席は、満席。
お客様の反応も良く、素晴らしい舞台が
出来上がっております。


<写真協力:武井 茂>

■有田 佳代:記■

※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

今年も残り僅かとなりました。

さて、2010年お正月公演に向けて
『出雲の阿国』班の稽古は熱さを増しています!
20091227005131

20091227005125

20091227005019

阿国一座の仲間や他の配役の一部も新たなキャストになり、出演者一同、気合い充分!
新しい『出雲の阿国』の完成間近です!

皆様、2010年の幕開けを、
是非『出雲の阿国』でお迎えください!!

劇場でお待ちしております!

■有田 佳代:記■

※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

 「出雲のおくにっ記」 

伝介です。

いやぁー 終わってしまいました。
1月3日から22日まで、阿国さんゆかりの四条南座で32ステージ。
そして、25日の水戸公演を加えて都合33ステージ、
2009年の『出雲の阿国』公演は、ひと区切りです。
阿国の相手役、伝介という素敵な役を大劇場で勤めさせていただき、
今はただただ感謝感謝というのが、正直なところです。
出演者の皆さん、スタッフの皆さんにお疲れ様でした。
そして何より、南座公演を御覧いただいた多くのお客様、
とりわけ、遠路全国各地から、
京都までお運びいただいた演劇鑑賞会の皆様に厚く御礼を申し上げます。
ありがとうございました。

前進座の『出雲の阿国』の初演は、
1972年の東京渋谷の東横劇場。
37年前の事です。
私はその時、
前進座養成所生として舞台稽古を見せていただいた事を思い出します。
そして、入座して3年目、
新橋演舞場の12月公演として『出雲の阿国』が上演され、
その舞台に私も出演しています。
山科言緒の下人役でした。ちなみにその月は、昼夜2部制で、
『伝七捕物帳』『新門辰五郎』『出雲の阿国』『たいこもち侍』
と計四作品を意欲的に上演しているのですから、驚きです。
そして、7年前から、妻倉阿国とのコンビで伝介を勤めさせていただくチャンスに恵まれました。
舞台で、一人の人生を演じられる、まさに奥深い役処と言えましょうか。
無我夢中でやってきましたが、やりがいのある有難い役だとつくづく思います。
もし、再度勤めさせていただくチャンスに恵まれましたら、
さらに若々しく新鮮な「伝介」になりたいなと願っています。
有吉佐和子先生、伝介役との出会いをいただきありがとうございました。      

記   山崎辰三郎


おまけ
おまけ画像!めずらしい2ショット。

「出雲のおくにっき」はまた来年!
ありがとうございました。

担当 佑一郎でした。 ※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

『出雲の阿国』だより

 「出雲のおくにっ記」 

楽屋で、一座の同僚・お加音(高柳)と。

今日はもう千秋楽…早いものですね。   
今回、私は初めての「お寧」役。
柳生さん演じる「まめ」との間に生まれたこの子を育てながら、
阿国一座で踊りを続け…出雲に帰っていく、
という人生を1ヶ月生きていました。
実生活では子供を産んだ経験の無い私ですが、
優しい旦那さんとかわいい息子に囲まれ、幸せな1ヶ月でした。
終わるのが寂しい!!もっと続けたい!!
と叫びたいのは山々ですが、
その思いを最後の一回にぶつけるしかないですね。 
公演中にインフルエンザにかかる人もいず、
風邪が流行る事もなく、
全員が元気に今日を迎えられて良かった…朝寝坊、
遅刻もせずに済みホッとしつつ、
支えて下さったお客様、すべてに感謝しつつ、
ペンを置きます。

記 黒河内雅子
※前進座メールマガジン会員募集中です!チケット先行受付・プレゼント企画など、メルマガ会員限定のお得情報が満載。★登録・購読もちろん無料★ 【前進座メールマガジン】⇦登録はこちらから空メールを送るだけ。

Appendix

劇団前進座



前進座動画

恋するフォーチュンクッキー 前進座Ver.

QRコード

QRコード

Extra

前進座公演だより

前進座だより

Author:前進座だより
劇団員が書き綴る、前進座公式ブログです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター